新着情報詳細

2015.04.03 ココファン横浜鶴見 竣工披露式・記者発表会を開催しました その他

「よこはま多世代・地域交流型住宅」のモデル第一号である、ココファン横浜鶴見が4月オープン! 

これに先立ち3月24日竣工披露式および記者発表会が現地、ココファン横浜鶴見で行われました。

設計・建築関係の皆様をはじめ、当プロジェクトにご協力いただいた行政の皆様、地域の皆様、メディアの皆様など、多くの方々にご臨席賜りました。誠にありがとうございました。


◆「よこはま多世代・地域交流型住宅」とは?

高齢者が他の世代と交流しながら安心して日常生活を営むことができる良好な居住環境を備えた賃貸住宅です。当社グループは、平成24年12月に整備・運営事業者として横浜市から選定され、今年4月に「ココファン横浜鶴見」がオープンするに至りました。

これまでのココファンシリーズと同様に、自立の方から要介護・認知症の方まで対応可能な「サービス付き高齢者向け住宅」のサービスの他に、多世代・地域交流型の住宅として多数の特長を備えています。

サービス付き高齢者向け住宅の自立フロアは、居室が一般賃貸住宅と区分けなく隣り合い、高齢者と子育て世代など多世代の交流が図れます。また1階には、地域交流や多世代交流などのイベントが開催できる交流ホールの他、コンビニ、学習塾、クリニック、調剤薬局といった生活に役立つテナントも併設し、地域に開かれた施設となっています。

ココファン横浜鶴見は4月1日、正式にオープンし、お陰様でたくさんの反響を頂き、すでに満室となりました。
「よこはま多世代・地域交流型住宅」として、全社一丸となって地域の皆様のお役にたてるよう邁進してまいります。これからの「ココファン横浜鶴見」にご期待ください!


ココファン横浜鶴見についてはこちら↓をご覧ください。
http://www.cocofump.co.jp/facilities/detail/yokohama-tsurumi/



◆竣工披露式・記者発表会の様子

竣工披露式では、ココファン横浜鶴見の設計監理をされた株式会社硯川設計、建設をされた株式会社松尾工務店に感謝状と記念品の贈呈。その後「よこはま多世代・地域交流型住宅」の運営に携わる事業者の代表8名により、思いをひとつにテープカットが行われました。

cf150327-01.jpg cf150327-02.jpg

cf150327-03.jpg

 

 

歓談タイムには、ココファン横浜鶴見のお隣にある「鶴見すずらん保育園」の園児たちがサプライズ登場!竣工のお祝いに素敵な歌を歌っていただきました。

園児の皆さんのかわいい歌声に会場全体が温かい雰囲気になりました。ちょっと離れて遠慮気味に写っているのは、ローソンのポンタ君!

当日はポンタ君も披露式に参加いただき、ローソンの皆様からMACHI Caféのコーヒーもご提供いただきました。ありがとうございました。

cf150327-04.jpg 

 

 

 

以下は、竣工式と内覧会、メディア向け記者発表会の様子です。 

cf150327-05.jpg 

写真上段、左から学研ホールディングス代表取締役 宮原、学研ココファンホールディングス代表取締役 小早川、横浜市副市長 柏崎様 

写真2段目、左から鶴見区自治連合会副会長 石川様、よこはま多世代・地域交流型住宅整備運営事業者選定等委員会 矢田様、NPO法人高齢社会をよくする女性の会理事長 樋口様

写真3段目、学研ココファン代表取締役 五郎丸