学研の高齢者住宅

Cocofump ココファン

学研の高齢者住宅

沿革

沿革

平成16年
  • 会社設立
平成17年
  • 南千束・はすぬま(FC)・鶴ヶ丘(FC)・青戸・さくら(FC)事業所を開設
平成18年
  • 南千束事業所を移転し、高齢者専用賃貸住宅「ココファンレイクヒルズ」およびデイサービス・ショートステイを新規開設
  • 藤沢事業所を開設
平成19年
  • 高齢者専用賃貸住宅「ココファン尾崎台」を開設(千葉県初の終身建物賃貸借事業認可)
平成20年
  • 持株会社制へ移行し、新たに学研ココファンホールディングスの傘下の事業会社となる
  • 業務拡大につき、本社所在地を現在地(品川区西五反田2-11-8学研ビル)に移転
  • 藤沢事業所を移転し、高齢者専用賃貸住宅「ココファン湘南」を新規開設
  • 蒲田事業所を移転・名称変更し、新たに六郷事業所としてデイサービス・ショートステイを新規開設
  • 世田谷・洗足池事業所を開設。
  • 高齢者専用賃貸住宅「ココファンさがみ野」を開設
平成22年
  • 高齢者専用賃貸住宅 ココファン日吉、座間、あすみが丘、池上を開設
平成23年
  • 高齢者住まい法改正により従来の「高齢者専用賃貸住宅」をサービス付き高齢者向け住宅として登録変更開始
    ※以後の新設拠点表記は「サービス付き高齢者向け住宅」
  • ココファン三郷中央、湘南片瀬、川口榛松、西八王子、ふじみ野を開設
平成24年
  • ココファン大袋、東海大学前、柏明原、東大宮、横浜川和、蘇我、柏たなか、愛甲石田、渋沢、学研ココファンしらかば、神水、伊勢原、春日部、西川口を開設
  • 熊本県に初開業。ココファン尾ノ上、水前寺を開設
平成25年
  • ココファン新座石神、岸谷公園、南越谷、鴻巣、北本、水元、八尾、高坂、幕張ベイタウン、はさま、松戸五香を開設
平成26年
  • ココファン立川、西船橋、四谷、柏豊四季台、練馬関町、横浜前里、桜川、城東、深江橋、鶴橋、阿倍野を開設
平成27年
  • ココファン横浜鶴見、和楽柏花野井、仲池上、湘南平塚を開設
  • 愛媛県に初開業。ココファン松山大手町を開設
  • 岡山県に初開業。ココファン高屋、妹尾を開設
  • 石川県に初開業。ココファン金沢鞍月を開設
  • (株)ユーミーケアの高齢者住宅(全29棟)を承継
平成28年
  • ココファン小峰、金沢泉が丘、水前寺公園、新川崎、文の里、藤沢SST、ふじみ野南を開設
平成29年
  • ココファン武蔵新城、市川中山、勝どき、本八幡、新町、金沢三ツ屋、金沢藤江、金沢清川、湯癒館・問屋町、辰口、日吉7丁目、烏丸東、にしばる、立川弐番館を開設
  • 京都府に初開業。ココファン烏丸東を開設
  • 静岡県に初開業。ココファン静岡大和を開設
平成30年
  • ココファン鶴間、新屋敷、まちだ鶴川、稲田堤、東静岡を開設
  • 愛知県に初開業。ココファン豊橋大手町を開設

上に戻る 上に戻る