学研の高齢者住宅

サービス付き高齢者向け住宅とは?費用や入居条件・老人ホームとの違いまで全て解説

「サービス付き高齢者向け住宅ってどんな施設?」

「費用や入居条件は?有料老人ホームやシニア向け分譲マンションとはどう違うの?」

などと疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

「サービス付き高齢者向け住宅」は、要介護度が低い高齢者を中心に昨今に人気を高めている介護施設です。普通の老人ホームとは違い、サービス付き高齢者向け住宅にはそれ特有の魅力やメリットがあります。

今回はサービス付き高齢者向け住宅について、費用や入居条件などを詳しく解説します。

有料老人ホームやシニア向け分譲マンションとの違いなどについても言及するのでぜひ参考にしてください。

サービス付き高齢者向け住宅についてざっくり説明すると
  • バリアフリー構造で高齢者にやさしい
  • 有料老人ホームよりも生活の自由度が高い
  • 初期費用も比較的リーズナブル
  • 「介護・認知症タイプ」では介護サービスも提供
  • 良いところを見つけたら早めの入居登録がおすすめ

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)とは

サービス付き高齢者向け住宅の種類

サービス付き高齢者向け住宅の魅力・特徴

サービス付き高齢者住宅(通称:サ高住もしくはサ付き住宅)とは、「高齢者住まい法」に則って整備されるバリアフリー構造を持った住宅のことを指します。

住宅の広さや設備の条件などで高齢者が住みやすい仕様になっており、なおかつ専門家による安否確認や生活相談といったサービスも受けられるため、高齢者の方でも安心・安全・快適に生活することができます。

サ高住に居住する高齢者は、要介護度の低い方や要支援の方が中心で、要介護度の高い高齢者が多い有料老人ホームに比べると生活の自由度が高いという特徴があります。

また国の方針で、サ高住の設立には補助金が出るようになっているので、今後も施設数および利用者数がどんどん増えていくだろうと推測されます。

施設数の増加により入居待ちが少ない

サービス付き高齢者向け住宅の施設数の変化

上のグラフはサービス付き高齢者向け住宅の施設数の推移を示しています。

高齢化が進んでいることに加えて、設立時には補助金も出されることから、グラフの通りサービス付き高齢者向け住宅の数はかなり増加傾向にあります

このような背景から物件数が多いため、サ高住に入居するにあたって「入居待ち」になる可能性は低いです。

しかし、料金や立地、設備など、条件面で好ましい物件から埋まっていくので、より良いサ付き住宅に入りたければ、早め早めの行動をおすすめします。

サ高住の種類

サービス付き高齢者住宅は、基本的に要介護度の低い高齢者を対象にしています。そのため、本格的な介護が必要な場合は、訪問介護や外部の介護サービスを利用しなければならない施設もあります。

一方で、厚生労働省が定める「特定施設」に指定されているサービス付き高齢者住宅であれば、施設内の常駐スタッフからしっかりとした介護サービスを受けられます

この記事では一般的なサ高住を「自立・支援タイプ」、特定施設になっているサ高住を「介護・認知症タイプ」と呼ぶことにします。両タイプを複合したような施設もありますが、基本はこの2タイプだと思っておけば差し支えありません。

なお、近年では「介護・認知症タイプ」のサービス付き高齢者住宅が増えており、要介護度の高い人でも安心して過ごせる施設として人気を集めています。

サービス付き高齢者向け住宅の費用

サービス付き高齢者向け住宅の費用は、一般的な賃貸と似ています。敷金や保険料といった初期費用と、賃料・サービス料金・光熱費などの月額費用の支払いが必要です。

なお、費用の詳細については、「自立・支援タイプ」と「介護・認知症タイプ」で詳細が異なるので注意してください。

まず初期費用から解説しますが、「自立・支援タイプ」の場合は、敷金が賃料の2〜3ヶ月分、保険料が数万円という設定で、初期費用は合計15〜20万円程度であるのが一般的です。

これに対し、特定施設の認定を受けている「介護・認知量タイプ」の場合は、入居一時金という形で賃料の数ヶ月分に相当する数十万円〜数百万円が必要になります。

続いて月額料金ですが、両タイプではサービス料金が異なるため、金額に差が出てきます。具体的には「自立・支援タイプ」が月額10〜30万円程度、「介護・認知症タイプ」が月額15〜40万円程度であることが多いです。

タイプ 自立・支援タイプ 介護・認知症タイプ
初期費用 15〜50万円 15〜50万円
※賃料の数ヶ月分を前払いする場合もある
月額費用 10〜30万円 15万円〜40万円

※表の値は一般的な相場です。

サ高住で受けられるサービス

「自立・支援タイプ」と「介護・認知症タイプ」のそれぞれで受けられるサービスについては、以下の表をご覧ください。

タイプ 自立・支援タイプ 介護・認知症タイプ
安否確認 対応可 対応可
生活相談 対応可 対応可
生活支援 外部 対応可
介助 外部 対応可
リハビリ 外部 対応可
レク 少ない 多い
看取り 外部 一部対応可

※一般的な傾向です。

なお、上記はあくまで一般的なサービス内容の例であり、具体的な対応の可否は各施設によって異なります。そのため、事前に説明を受けてサービス内容をきちんと確かめることが大切です。

安否確認と生活相談が基本のサービス

サービス付き高齢者住宅における基本サービスは、常住スタッフによる安否確認サービスと生活相談サービスです。

安否確認サービスとは、スタッフが定期的に施設内を巡回して各部屋を訪問し、利用者の状況を確かめるサービスのことを指します。一方で生活相談サービスとは、生活上のトラブルへの対応や病院への付き添い、買い物の代行などのことです。

なお、サービス付き高齢者住宅では、日中は「ケアの専門家」と呼ばれる介護福祉士や看護師などの特定資格を有するスタッフが常駐しています。これは人員基準で定められた決まりであり、だからこそ安否確認や生活相談のサービスが提供できるわけです。

夜間に関しては専門家の常駐は義務付けられていませんが、有事の際に迅速に対応できる状態を作っておかなければならないという決まりがあるため、基本的には夜間も心配ありません。

施設ごとの追加サービス

サービス付き高齢者向け住宅の中には、食事提供のサービスを実施する施設もあります。そうした施設では、栄養バランスの整った食事を用意してもらえます

例えば、悪天候や体調不良の場合、自分で食事を用意するのが難しいこともありますが、施設が食事を用意してくれるところであれば心配ありません。最近ではミキサー食に対応する施設もあり、個別的な身体状況にも合わせられます。

なお、食事提供サービスを用意する施設の中でも、施設内で調理室を設けているところや配達弁当を手配しているところなど、細かい形態は様々です。いずれにせよ、入居後長い間食べることになるわけなので、施設見学の際などに確認・試食することをおすすめします。

生活支援サービスなどがある施設も

施設によっては、買い物の代行や付き添い、居室の清掃、洗濯などの生活支援サービスが提供されることもあります。

また体調不良時の往診や駆けつけ対応、災害時の避難誘導のような緊急時対応サービスなどは、完備している施設が多いです。ただし、サービス内容は施設ごとに様々で、上記のようなサービスがないところもあるので、事前にしっかり確認しておきましょう。

「介護・認知症タイプ」では介護サービスも受けられる

特定施設に指定された「介護・認知症タイプ」の施設では、「特定施設入居者生活介護」と呼ばれる介護サービスを受けることができます。これは有料老人ホームで受けられるような施設内のスタッフによる食事・掃除・洗濯などに関する生活支援、入浴・排泄の介助、リハビリテーションといったサービスです。

「自立・支援タイプ」の施設でそのような介護サービスを受けたい場合は、個人的に外部のサービスと契約することにあります。

レクリエーションやサークル活動などは「介護・認知症タイプ」の施設では定番ですが、「自立・支援タイプ」では施設よって状況が異なります。

看取りサービスはある?

看取りが可能なのは「介護・認知症タイプ」のうち、看護師が24時間常駐しており、医師との連携も取れている施設です。「自立・支援タイプ」でも複数の訪問サービスを組み合わせれば実現可能ですが、費用の負担はかなり大きくなります。

サービス付き高齢者向け住宅における看取り率の変遷

なお、2018年度に行われた国土交通省の調査によると、サービス付き高齢者向け住宅での看取りの実施率は22.4%になっており、増加傾向にあります。

看取りに対応可能かどうかは施設ごとに状況が異なるので、看取りを希望する方には、過去に看取りの実績がある施設を選択することをおすすめします。

サービス付き高齢者向け住宅の設備

サービス付き高齢者向け住宅の設備を確認していきましょう。

まず部屋の大きさですが、各居室の床面積は原則25平方メートル以上と決まっています。ただし、リビングルームやキッチン、食堂などが複数の居住者で共同利用できる仕様になっている場合は、18平方メートル以上であれば良いと定められています。

部屋の構造はバリアフリーになっていて、段差は基本的になく、浴槽やトイレには手すりが取り付けられているので安全・安心です。

共有スペースには温泉施設やシアタールーム、カラオケルーム、レストランなどを用意している施設もあり、そうした場所では入居同士で交流の機会を持つことができます。

またデイサービスや訪問介護などの介護保険サービス事業所が併設されている施設が多いです。そのため、介護サービスを受けたくなった場合にも、迅速に手配ができるようになっています。

サービス付き高齢者向け住宅の入居条件

サービス付き高齢者向け住宅の入居条件

入居者本人の条件

サービス付き高齢者向け住宅の入居条件は、「高齢者住まい法」によって定められています。同法によると、入居対象者本人は、以下のどちらかでなければなりません。

  • 60歳以上の高齢者
  • 要介護者認定を受けた60歳未満の方

またほとんどの施設では、連帯保証人・身元引受人が必要になります。

加えて、施設によっては、以下のような独自の条件を設けているところも多いです。

  • 認知症でない
  • 感染症にかかっていない
  • 自立的に身の回りのことができる

なお、「介護・認知症タイプ」の施設は、認知症の方の受け入れに積極的なため、認知症の方でも入居できます。

同居人の条件

サービス付き高齢者向け住宅の中には、居住者との同居が可能な施設もあります。同居人は以下のいずれかに該当することが必要です。

  • 入居者の配偶者(届出はしていないが事実上の夫婦と同様の関係にある者を含む)
  • 60歳以上の親族
  • 要介護・要支援者認定を受けている親族
  • 特別な理由により同居させる必要があると知事が認める者

退去条件

トラブルなどが原因で、サービス付き高齢者向け住宅からの退去を求められるケースもあります。

退去条件は施設ごとに異なりますが、以下のような場合には退去を求められることが多いです。

  • 要介護度の上昇や体調の悪化などの理由で入居継続が困難になった場合
  • 費用の滞納がある場合
  • 他の入居者や施設に対する迷惑行為が認められた場合

サ高住と有料老人ホームの違いを比較

サ高住と有料老人ホームの比較

サ高住の方が自由な生活が送りやすい

サービス付き高齢者向け住宅では、居室にキッチンやバスルームなどが設置されていることが多く、一般的な住宅同様の自由度のある生活が可能です。

また外出や外泊に関するルールもほとんど設けられておらず、この点についても自由度が高いと言えます。

一方で有料老人ホーム(住宅型・介護型)の場合、外出・外泊は許可制となっているのが一般的で、許可が出ないケースもあります。そのため、有料老人ホームはサ高住に比べて生活の自由度が低いです。

なお、サ高住でも有料老人ホームでも、入居者同士の交流を促進するためのレクリエーションやサークル活動が行われる点は共通しています。

要介護度が高い場合は有料老人ホームが安心

サービス付き高齢者向け住宅の中には、介護度が低い高齢者だけを対象にしている住居もあります。そのため、途中で介護度が上がった場合、退去しなければならなくなったり、追加の介護サービス費用が必要になったりすることがあります。

一方で介護付きの有料老人ホームは費用こそ高いですが、定額で介護サービスを利用できることから、長期的に見るとこちらの方が快適に利用し続けられる可能性も考えられます。

ただし、介護付き有料老人ホームの場合、デイサービスなどの外部の介護サービスに保険が適用されませんので、この点には十分注意する必要があるでしょう。

また、近年では介護サービスが充実したサ高住が増えており、介護度が上がってもそのまま住み続けられるサ高住も多いです。

サ高住は賃貸契約が多く初期費用が抑えられる

サービス付き高齢者向け住宅と有料老人ホームでは、契約内容が異なるので、費用の支払いに関する形式も違ってきます。

サービス付き高齢者向け住宅の多くは、民間の賃貸住宅の場合と同様に賃貸契約を結びます。そのため、費用は入居時に敷金・保険料がかかり、その後は月々に賃料を納めるという形式です。

一方で有料老人ホームの場合は、最初にまとまった額の入居一時金を支払って施設利用権を得るという契約がよく見られます。よってサ高住と比べて最初に大きな金額が必要です。

また、介護付き有料老人ホームは要介護5の人でも入居できるなど介護サービスが手厚い分、月額費用もサ高住より高い傾向にあります。

以上より、安く済ませるという観点では、有料老人ホームよりもサービス付き高齢者向け住宅のほうがおすすめできる場合が多いです。

サ高住とシニア向け分譲マンションの違いを比較

サ高住とシニア向け分譲マンションの比較

シニア向け分譲マンションは初期費用が莫大

シニア向け分譲マンションとは、高齢者が住みやすいようなバリアフリー設計を重視して作られた分譲マンションのことを指します。

これに住む場合は所有権形式での契約となるため、数千万円以上という多額の初期費用が必要です。そのため、初期費用を抑えたい場合にはおすすめできません。

しかし、購入した物件は財産となるため、サービス付き高齢者向け住宅の場合とは異なり、家族に遺産として相続することができます。この点はシニア向け分譲マンションを選択する大きなメリットだと言えるでしょう。

ただし、入居者それぞれが所有権を得ることから、隣人にトラブルメーカーがいたとしても強制退去させるのが難しいなど、特有のリスクも存在します。

外部の介護サービスを利用する必要がある点は同じ

シニア向け分譲マンションの入居対象は、主に高齢者の富裕層です。そのため、娯楽施設やレクリエーション施設などは整備されている傾向にあります。

生活支援サービスも充実しており、かなり快適に暮らせる場合が多いです。

介護・医療サービスに関しては、基本的にサービス付き高齢者向け住宅と同様、外部のサービスを利用することになります。

サービス付き高齢者向け住宅のメリット・デメリット

以下ではサービス付き高齢者向け住宅を利用するメリット・デメリットを、それぞれ一覧で紹介します。

サ高住のメリット一覧

サービス付き高齢者向け住宅のメリットを並べると次のようになります。

  • バリアフリー構造なので高齢者にとって生活しやすい
  • 介護度が低い高齢者でも入居できる
  • 有料老人ホームなどに比べて初期費用が安い
  • 生活の自由度が高く、それまでの生活とのギャップを感じにくい
  • 入居・退去のハードルが比較的低い
  • 政府の支援で施設数が増加していることから、自分に適した施設を選びやすい
  • 入居前に利用していた介護サービスを引き続き利用できる

サービス付き高齢者向け住宅の大きなメリットとして、賃貸なので初期費用が有料老人ホームと比べて極めて安いうえに、家に近い感覚で自由度の高い生活を送ることができることが挙げられます。

また、介護サービスが充実している施設も増えており、要介護の方や今後介護度が上がる可能性がある方でも安心して生活できる施設が多いことも魅力です。

充実した設備と介護サービス、生活しやすい環境がバランスよく揃った魅力的な施設となっているので、介護施設への入居を検討されている方は、ぜひお近くのサービス付き高齢者向け住宅をチェックしてみてはいかがでしょうか。

近くのサービス付き高齢者向け住宅を探す!

サ高住のデメリット一覧

サービス付き高齢者向け住宅には以下のようなデメリットもあります。

  • 看護師や医師は常駐していない施設もある
  • 夜間のサポートは有料老人ホームの方が充実していることが多い
  • 介助やリハビリなどのサービスを「オールインワン」で利用することはできない
  • 自立・支援タイプの場合、要介護度が高くなると退去しなければならないこともある

特に介護サービスの充実度は老人ホーム・介護施設選びにおいて気になるポイントとなるでしょう。

一方で、厚生労働省により「特定施設」に指定された「介護・認知症タイプ」のサービス付き高齢者向け住宅のように、手厚い介護サービスが受けられる施設も存在するので、サ高住だからといって必ずしも介護サービスが乏しいとは限りません。

特に学研ココファンのサービス付き高齢者向け住宅では介護スタッフが24時間365日常駐しているので、元気な方から医療が必要な方まで幅広い方にご入居いただけます。

「住み慣れた地域で安心して暮らし続けたい」とお考えの方は、ぜひお近くのココファンのサービス付き高齢者向け住宅を探してみてください。

ココファンのサービス付き高齢者向け住宅を探す!

サービス付き高齢者向け住宅の選び方

サービス付き高齢者向け住宅の選び方

サービス付き高齢者向け住宅に入居したい!」と思っても、どこをどのように比較すれば良いのか分からず、施設選びに苦労してしまいますよね。

そこでここではサ高住を選ぶ際に重視しておきたいポイントをご紹介します。

立地・アクセス

一般の住宅を探す場合と同様、サービス付き高齢者向け住宅を選ぶ際も、立地条件については十分に検討を重ねるべきです。

入居後はその地域を中心に生活するようになるわけなので、周囲にスーパーや病院、金融機関など、必要な施設があるかをチェックしておきましょう。

もちろん、現在お住まいの所から近いサ高住を選ぶのも、住み慣れた地域での生活を継続できるのでおすすめです。

また、家族や友人が会いに来ることを考慮する場合は、駅などからのアクセスの良さもみておきましょう。

サービスの充実度

サービス付き高齢者向け住宅を選ぶ際は、どの程度のサポートが必要なのかを意識するようにしましょう。この観点が損なわれていると、住宅選びに失敗する可能性があります。

例えば、まだ普通に自立的な生活を送れるのに、介護サービスがかなり充実している施設を選んでも、サービスを持て余してしまい、費用がかさんでしまうだけです。

一方で必要未満のサービスしかない施設を選んでも、外部の追加サービスと契約するのに手間とお金がかかってしまいます。

先述した通り、サ高住の基本的なサービスは安否確認と生活相談の2つですが、それ以外の介助や医療サービスを備えている施設もたくさんあるので、まずは入居後に必要なサービスは何なのかを整理しておきましょう。

設備や環境

設備や環境は、生活の快適さに多大な影響を与えるので入念にチェックしておきましょう。

サービス付き高齢者住宅の場合、設備条件が定められているのである程度似通った部分はありますが、それでも細かい部分に関しては施設ごとに様々です。

またカラオケや温泉施設など、好みに合った娯楽スペースがあるかも確認しておくことをおすすめします。

なお、スタッフの対応の仕方や混雑度など、写真では確かめられない要素もたくさんあるので、実際に見学してみて確かめるのが賢明です。

食事の内容・提供の方法

サービス付き高齢者向け住宅の場合、食事の提供についても各施設で様々なので、この点も要チェックです。

ちなみに施設の厨房で調理する形であれ、宅配弁当を手配する形であれ、サ高住で提供される食事は、カロリー計算などがきちんと行われています。そのため、1日に必要な栄養素をしっかり摂取することが可能です。

また有料老人ホームのように、食べやすさに配慮した「刻み食」や「ミキサー食」などを提供している施設もあります。

食事に関するリサーチをする際は、献立などの食事内容だけでなく、提要の体制や形式についても確認しておくことが大切です。

費用

サービス付き高齢者向け住宅に入居するときには賃貸契約を結びますが、それに伴って発生する賃料や初期費用の敷金の金額は、住宅によって違ってきます

また追加のサービスを利用する場合は、それにかかる金額も含めて総額を計算しておくのがおすすめです。

ちなみに介護サービスをよく利用するなら、「介護・認知症タイプ」の施設を選んだほうがリーズナブルになる場合が多く、そのほうが安心感もあります。

なお、支払い方法が月払いか前払いも確認しておきましょう。最初に大きな金額を納める前払いは、月払いに比べて月々の費用が安くなるものの、初期費用の負担は大きくなるので注意してください。

費用について資料だけでは疑問が残る場合は、契約前にきちんと質問し、わからない部分を明確にしておきましょう。

少数だが親族が契約を引き継げる施設も

サービス付き高齢者向け住宅の契約は賃貸者契約ですが、それには大きく分けて「終身建物賃貸借方式」と「建物賃貸借方式」の2種類があります。

終身建物賃貸借方式は、名前が示すように終身までの契約なので、入居者が死亡した時点で契約が終了します。そのため、基本的に親族が契約を相続することはできません。ただし、夫婦で入居していた場合、契約者の死後も、配偶者が居住を続けることができます

一方で建物賃貸借方式のほうは、入居者の死亡後、親族が契約を引き継ぐことが可能です。もちろん配偶者がその施設で暮らし続けることもできます。

しかしながら、建物賃貸借方式のサ高住は認可基準がかなり厳しいため、施設数は決して多くありません。

サービス付き高齢者向け住宅利用時の注意点

サ高住の居住者が介護保険サービスを利用する場合、サービスの提供元となる事業所を自分で選ぶ必要があります。その際には、自分に合わない事業所およびサービスを選択しないように注意してください。

なお、万が一自分に適さないサービスを選んでしまった場合、事業所を変更することは可能です。変更を希望するときは、まず担当のケアマネージャーに相談するようにしましょう。

施設を退去しなければいけない場合も

前述の通り、体調の悪化や経済的な問題、迷惑行為などによって、退去を余儀なくさせられることもあるので注意しましょう。

経済的な問題については、事前にライフプランをよく練っておくことである程度防ぐことができます。予算や入居期間などを踏まえ、お金のやりくりについてよく検討しておきましょう。また入居時の契約内容を十分に確認しておくことも重要です。

サービス付き高齢者住宅は入所が難しい?

サービス付き高齢者向け住宅の利用には色々なメリットがあり、介護施設の中でも高い人気を誇っています。

人気の介護施設に対しては、「入居が難しい」というイメージを持つ方もいるでしょうが、サ高住に関してはそういったことはありません。関連法が改正された2011年以後、年々施設数は増加しているので、入居先を見つけるのはそこまで難しくないでしょう。

一般社団法人「高齢者住宅協会」の調査では、2012年に889棟だったサ高住が2019年には7,360棟にまで増えたというデータもあり、施設は全国にたくさんあります。ココファンのサービス付き高齢者向け住宅に関しても、目下規模を拡大中です。

ただし、部屋の広さや設備の内容、立地条件などで優れた施設はすぐに居室が埋まってしまうということも考えられます。そのため、良いところを見つけたら、できるだけ早めに入居登録をするのがおすすめです。

ココファンのサ高住でQOLの高い生活を

「介護サービスがしっかりしているサ高住に入りたい!」

「介護度が上がっても住み続けられるサ高住ってないのかな」

このようにお考えの方におすすめなのが、学研ココファンのサービス付き高齢者向け住宅です。

ココファンならケアスタッフが24時間365日常駐しているほか、デイサービスや訪問看護といった介護サービスも併設しているので、介護度の高い方でも安心してご入居いただくことが可能です。

また、管理栄養士監修のお食事の提供やプライバシーに配慮された居室など、QOLの高い生活をお過ごしいただける環境が整っています。

さらに、ココファンは全国各地に数多く展開しているので、入居待ちに悩まされる心配も少ないです

介護付き有料老人ホームと比べると入居金も非常に安いので、ぜひお近くのココファンをチェックしてみてはいかがでしょうか。

ココファンのサービス付き高齢者向け住宅を探す!

サービス付き高齢者向け住宅まとめ

サービス付き高齢者向け住宅まとめ
  • 規模が拡大している人気のシニア向け住宅
  • 普通の住宅のように自由な生活ができる
  • 費用は敷金・保証金プラス月々の賃料など
  • 60代以上高齢者や要介護者認定を受けた人が入れる
  • 入居が難しいことはないが早めの入居登録がおすすめ

サービス付き高齢者向け住宅について解説しました。

サ高住は昨今人気が高まっているバリアフリー構造の高齢者向け住宅です。60歳以上の高齢者や要介護者認定を受けた方などが入居できます。

その魅力は、老人ホームに比べて格段に生活の自由度が高いことや初期費用が比較的リーズナブルであることなどです。基本的には要介護度の低い方が対象ですが、「介護・認知症タイプ」の施設では、しっかりした介護サービスも受けられます。

なお、ココファンの住宅を含め、サ高住の数は増加傾向にあり、入居はそれほど難しくありませんが、良い条件のところはすぐに締め切りになってしまう可能性もあります。そのため、気に入るところがあれば、なるべく早めに入居登録を行っておくようにしましょう

この記事に関連する記事

老人ホームの費用が払えないとどうなる?対処法・予防策から安い高齢者施設まで紹介

軽費老人ホームとは|サービス内容・特徴から費用・入所の手続きまで解説

デイサービス(通所介護)とは|利用目的や料金・利用条件まで全て解説

老後破産しないためには?原因・対策から年代別の注意すべきポイントまで徹底解説

介護施設の種類
介護施設の費用

上に戻る 上に戻る