学研の高齢者住宅

Cocofump ココファン

学研の高齢者住宅

お知らせ

2020年5月29日

お知らせ

新型コロナ感染拡大による雇用環境悪化への対応策

新型コロナ感染拡大による雇用環境悪化への対応策
学研グループで介護職 1,000 名の緊急採用を実施
異業種からの就職でも無償・短期間で資格取得をサポート

新型コロナ感染拡大による雇用環境悪化への対応策

株式会社学研ホールディングス(本社:東京都品川区/代表取締役社長 宮原博昭)のグループ会社で、高齢者福祉事業を行っている株式会社学研ココファン(本社:東京都品川区/代表取締役社長 五郎丸徹)およびメディカル・ケア・サービス株式会社(本社:埼玉県さいたま市/代表取締役社長 山本教雄)は、新型コロナウィルス感染拡大による雇用環境悪化にともなう求職者の受け皿として新たに 1,000 名の採用枠を確保し、全国に新たな雇用機会を創出いたします。

【緊急採用の背景】
現在、各種報道がなされている通り、新型コロナウィルスの感染拡大の影響により、国内の雇用環境の悪化、失業者の増大が予測されております。感染拡大前は国内の完全失業率はここ数年で最低水準まで回復していましたが、外食、サービス、観光、小売など業種によっては、雇用の縮小が経済に与える影響も大きく、極めて深刻な状況であると認識しています。
今般、両社は新型コロナウィルス禍での求職者の増大を受け、社会的な雇用の受け皿となるべく、新たに全国で 1,000 名の緊急採用を実施することを決定いたしました。

【採用の特長】
① 異業界からの多様な人材の受け入れ
両社はすでに介護業界未経験から介護職→リーダー職→管理職といった独自のキャリアアップ制度による人材育成・登用の仕組みを運用し、異業種から転職した多くの人材が活躍しています。
② 介護未経験者も無償・短期間で資格取得をサポート
自社で運営している介護資格取得養成施設「学研アカデミー」で、無償・短期間での資格取得をサポートしています。資格取得講座の受講生からは「業界未経験の不安が払拭された」「現場ですぐに役立つスキルを身につけられた」という声があがっています。

■学研アカデミー 介護士養成コース
良質な介護人財の育成を目的として、2018 年 1 月にスタート。自社の現場運営で培ったノウハウをいかしたオリジナルテキストや、受講しやすいコース設定が特徴。
学研グループは、高齢者福祉事業を「サービス付き高齢者向け住宅(以下、サ高住)」および「認知症高齢者グループホーム(以下、グループホーム)」の二つの柱で、全国で拠点数 400 超、総居室数13,000 室を展開しています。今後も団塊の世代が後期高齢者となりきる 2025 年を見据え、高齢者の良質な住まいを安定的に供給するため、年間 30 棟以上の新規出店を計画しています。今回は、事業拡大による人材雇用の需要に加え、学研グループとして雇用が縮小している業界からの多様な人材を受け入れ、新たな雇用創出で社会課題の解決に寄与してまいります。

全国 400 拠点超、学研の高齢者向け住宅「ココファンシリーズ」、認知症高齢者グループホーム「愛の家」
●「ココファンシリーズ」:教育・出版の学研グループが展開する、自立~要介護高齢者まで幅広く入居可能なサービス付き高齢者
●「愛の家」は小規模・家族的なケアで認知症高齢者が安心して共同生活できる認知症高齢者グループホーム。

PDFはこちらからご確認ください。

採用のお問合せはこちら
株式会社学研ココファン
採用担当連絡先:03-6431-1860

上に戻る 上に戻る