足立区老人ホーム・介護施設・高齢者住宅探す

1件の老人ホーム・介護施設・高齢者住宅が見つかりました

地域

施設種別

併設
サービス

特徴

病気対応

月額費用

老人ホーム・介護施設・高齢者住宅足立区から探す

1件中 1〜1件目

ココファン西新井にしあらい

サービス付き高齢者向け住宅

アクセス

電車:東武スカイツリーライン「西新井駅」西口から徒歩13分

自立型居室の空室状況 介護型居室の空室状況

1人用

満室

2人用

満室

1人用

残り1

2人用

満室

月額費用 121,400円〜228,200円
入居時費用
  • 敷金:賃料2ヶ月分
  • 住所 東京都足立区関原2丁目45‐23
    併設する
    介護サービス
    訪問介護
    特徴 介護・認知症タイプ、自立・支援タイプ、自立から介護までの複合型、2人で住める、徒歩圏内

    足立区のおすすめの老人ホーム・介護施設・高齢者住宅

    足立区の老人ホームの種類ごとの施設数と空室数

    施設の種類
    施設数
    空室
    サービス付き
    高齢者向け住宅

    1

    1

    グループホーム
    -
    -
    介護付き
    有料老人ホーム
    -
    -
    住宅型
    有料老人ホーム
    -
    -

    よくある質問

    A

    足立区で最も月額費用が安い介護施設は「ココファン西新井」です。

    月額費用は121,400円です。

    有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅、グループホームなどの民間施設は、施設ごとに費用プランが様々です。予算や利用したいサービスなどに合わせて、最適な施設を選択することが重要です。

    月額費用が安い足立区の介護施設を探す

    A

    足立区で認知症対応ができる施設は1件です。

    民間施設の中でも、グループホームは認知症患者の方を主な対象としています。

    介護・医療のサービスが充実している介護付き有料老人ホームでも、認知症対応ができる施設が多いです。

    また近年では、軽度の認知症であればサ高住や住宅型有料老人ホームにも受け入れ可能な施設が多く、学研ココファンでもこうした施設を多数取り扱っています。

    A

    足立区で自立・要支援向けの施設は1件です。

    民間施設の中でも、要支援・自立の方に特におすすめなのはサービス付き高齢者向け住宅、住宅型有料老人ホームの2種類です。

    いずれも幅広い介護度の方に対応可能な施設です。

    足立区の自立から介護までの複合型施設を探す

    A

    足立区でデイサービス併設の施設は0件です。

    最新の住宅型有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅では、訪問介護やデイサービスなどを併設している場合が多いです。

    これらのサービスを利用すれば、常に介護スタッフがそばで見守ってくれるため、より安心な暮らしを送ることができます。

    またこのような施設では、施設に併設された事業所だけでなく、外部の居宅サービスを利用することも可能ですので、利用するサービスの自由度が高い点も魅力です。

    足立区の特集から探す

    認知症対応が可能な施設特集

    認知症対応が可能な施設一覧はこちら。認知症の方の介護は、ご自宅ではなかなか難しいもの。快適に暮らせる住環境を備えた、認知症の方向けの老人ホームをご紹介します。

    胃ろう対応ができる施設特集

    胃ろうの対応が可能な施設一覧はこちら。認知症同様、胃ろうのケアも自宅では難しい場合が多いでしょう。胃ろう対応可能な介護・看護体制を整えた施設を集めました。

    自立・要支援の方におすすめな施設特集

    自立・要支援の方向けの施設一覧はこちら。元気な方が活気のあるシニアライフを送れるような、レクリエーションなどが充実した施設をご紹介します。

    夫婦で入居可能な施設特集

    夫婦で入居が可能な施設の一覧はこちら。二人用の居室は需要が高く、すぐに満室になってしまうため、夫婦での入居を希望する場合は早めの情報収集が必要です。

    訪問介護併設の施設特集

    訪問介護を併設している施設の一覧はこちら。サ高住などの施設内で訪問介護を併用することで、より充実した身体介護サービスを受けられます。

    足立区の周辺地域一覧

    足立区の老人ホームの特徴

    足立区の様子

    今回は、足立区の老人ホームの特徴と動向について紹介していきます。

    足立区の地理的特徴と介護施設の特徴

    足立区は千葉県と隣接しており、つくばエクスプレス線や日暮里・舎人ライナーが通っているなど交通の便が発達しています。

    北千住駅をはじめとして栄えているエリアがあったり下町風情のある街並みもあるなど、盛り上がりを見せている街です。

    令和3年11月1日現在、足立区の人口は689,861人で高齢者の就労や社会活動への参加・生涯学習・生涯スポーツなどの支援を積極的に行っています。

    町の特徴としては、かつて低湿地帯であったこともあり急坂などは無く高齢者の移動の負担は少ない点が挙げられます。

    郊外には農地も広がっており、23区とは思えない長閑さも併せ持つ区なので、高齢者でも安心して暮らせるでしょう。

    今後も人口増加が見込まれており、特別養護老人ホームや介護老人保健施設など大規模施設の整備が進んでいて、入所待機者の解消を図っています。

    なお、高齢者施設の費用は幅広く、ニーズに合わせて選択することが可能です。

    足立区の介護施設価格概観

    足立区にあるココファンの介護施設の入居金・月額費用の平均値と中央値は、下記の表の通りです。

    <入居金>

    地域 平均値 中央値
    足立区 219,333円 219,333円
    全国 297,256円 194,500円

    <月額費用>

    地域 平均値 中央値
    足立区 174,800円 174,800円
    全国 169,518円 158,250円

    足立区のココファンの施設の費用は、全国の施設の費用の中央値・平均値よりもやや高めと言えるでしょう。

    足立区は住みやすい街でもあるので、土地代が高騰しているのも費用の高さの理由と言えるでしょう。

    足立区の高齢者人口

    足立区の高齢者人口推移

    上記のように、足立区の高齢者人口と高齢者率は右肩上がりです。

    令和3年現在、足立区の65歳以上の人口は約17万千人、高齢者の比率は24.9%となっています。

    高齢化の煽りをもろに受けており、高齢化率がここ20年近くで一気に上昇しているので、今後も高齢者率は上昇していくでしょう。

    また、2050年には65歳以上の高齢者人口が令和元年比で150%に達すると言われており、官民の介護予防の取り組みが非常に重要となります。

    高齢者人口の推移予想としては、65~75歳未満の前期高齢者数が今後減少していくのに対し、75歳以上の後期高齢者人口は増加していくと考えられています。

    自発的に介護予防のアクションを起こして、健康寿命を延ばしていきましょう。

    足立区の介護保険事業者・施設の状況

    それでは、2020年9月時点の足立区の介護保険事業者・施設の状況について見ていきましょう。

    <足立区の種類別施設数>

    種類 施設数 75歳以上千人あたりの施設数(足立区) 75歳以上千人あたりの施設数(全国)
    訪問型介護施設数 279 3.48 3.25
    通所型介護施設数 230 2.87 3.43
    入所型介護施設数 100 1.25 2.17
    特定施設数 28 0.35 0.32
    居宅介護支援事業所数 190 2.37 2.41
    福祉用具事業所数 60 0.75 0.80
    介護施設数(合計) 888 11.09 12.40

    出典:日本医師会 足立区

    75歳以上千人あたりの施設数で見た時、足立区は全国よりも施設数が少なくなっています。

    特に入所型介護施設数が少なく、老人ホームの需要が大きい地域であると言えるでしょう。

    一方で、訪問型介護施設数は全国よりも多く、在宅介護には向いている地域だと言えます。

    足立区の要介護・要支援認定者数

    足立区の要介護・要支援認定者数

    令和元年の足立区の発表によると、2019年時点で要介護認定者数は35,199人です。

    上記のイラストのように、足立区の要介護認定者数は右肩上がりの状況にあります。

    2015年の足立区の要介護認定者の数は3万454人で、その中の8割以上の方が介護サービスを受給しています。

    2010年の要介護認定者数は2万3,551人だったため、5年で約7,000人要介護者が増えたことになります。

    他の区と比較してみると、足立区の要介護認定者数は世田谷区・練馬区・大田区に次いで4番目に多いことから、高齢化が進んでいる区と言えるでしょう。

    なお、足立区の65歳以上人口は世田谷区に次いで2番目に多いので、今後ますます高齢者施設のニーズは高まっていくでしょう。

    また、足立区の介護保険の給付費の総額は2009年度から2014年度の5年間で120億円近く上昇していることから、今後は高齢者の負担が増えていくことが予想されます。

    実際、介護保険料も年々上昇していることから、年齢に関係なく不安が増えることを想定しておきましょう。

    足立区の高齢者相談窓口は?

    足立区では「権利擁護センターあだち」を設置しており、高齢者や障がい者が住み慣れた地域で安心して生活できるように支援しています。

    主な事業内容は、

    • 地域福祉権利擁護事業(福祉サービス利用援助事業)
    • 成年後見制度支援事業
    • 高齢者あんしん生活支援事業

    上記の3つの柱で構成されており、認知症の方にとって適切な各種福祉サービスや介護サービスの選択をサポートしたり、諸費用の支払い手続きの支援を行っています。

    また、福祉サービスの利用援助や日常的金銭管理サービスなど、歳を重ねるに伴って難しくなる作業のサポートも行っています。

    成年後見制度とは、意思能力が低下した方の権利や生活を守るための制度なので、認知症の発症に備えたい方は検討する余地があるでしょう。

    高齢者あんしん生活支援事業は主に一人暮らしの高齢者を対象にしており、入院や施設の入所にあたっての支援や役所での各種手続きを支援する取組みを行っています。

    高齢者が安心して生活するためのサポートを幅広く展開しているので、ぜひ各種制度について知っておきましょう。

    独自の介護予防・日常生活支援総合事業とは

    足立区独自の介護予防・日常生活支援総合事業としては、「はつらつ教室」「パークで筋トレ」「ふれあい遊湯う」などが行われています。

    「はつらつ教室」とは、区内の地域学習センターやプールで行われる運動機能を向上するための介護予防教室です。

    筋力トレーニングや体操などを通して、自立した生活をサポートしています。

    「パークで筋トレ」では、公園や広場を利用して筋トレやウォーキング、ストレッチなどを実施しています。

    運動するだけでなく、参加者同士でコミュニケーションを取ることができるため認知症予防にも繋がるでしょう。

    「ふれあい遊湯う」とは、銭湯で入浴を楽しみながらレクリエーションを行い、健康増進と介護予防を目指す取り組みです。

    各イベントについては、足立区のホームページや地域包括支援センターでチェックできるため、気になる方はぜひチェックしてみてください。

    足立区の地域包括ケアシステム

    地域包括ケアシステムの様子

    地域包括ケアシステムとは、高齢者を支えるサービスを地域で一体的に提供するための各自治体が推進する地域のシステムです。

    要介護状態になっても、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを最期まで続けることは大きな心の安寧に繋がります。

    そこで、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築が国を挙げて進められているのです。

    足立区の地域包括ケアシステムでは、様々な面から高齢者の充実した暮らしを支援する仕組みの構築が目指されています。

    医療面ではかかりつけ医や有床診療所、地域の連携病院の確保に取り組んでおり、介護面では訪問介護や通所介護などの在宅系サービスの充実を目指しています。

    生活支援・介護予防の面では、老人クラブ・自治会・ボランティア・NPO法人の協力体制強化を重要視しており、都市部では「互助」の実現に力を入れています。

    足立区の地域包括ケアシステムの中核的役割を果たしているのが、各エリアに設けられている地域包括支援センターです。

    高齢者福祉に関する相談ができるのはもちろん、地域住民や協力機関と連携して「孤立ゼロプロジェクト」を推進しており、非常に頼れる機関として機能しています。

    高齢者のみの世帯を訪問して相談サービスを展開したり、家族の介護負担を減らすための教室を開催して様々なサポートを展開していることが分かるでしょう。

    また、足立区医師会から派遣された「もの忘れ相談医」が認知症に関する相談に対応してくれるため、症状が出始めている方も既に発症している方を介護している方は積極的に活用することをおすすめします。

    掲載画像はWikipediaから引用している場合があります。

    老人ホーム・介護施設・高齢者住宅を探す

    介護施設の種類
    介護施設の比較
    介護施設の費用

    上に戻る 上に戻る