松山市老人ホーム・介護施設・高齢者住宅探す

1件の老人ホーム・介護施設・高齢者住宅が見つかりました

地域

施設種別

併設
サービス

特徴

病気対応

月額費用

老人ホーム・介護施設・高齢者住宅松山市から探す

1件中 1〜1件目

ココファン松山大手町まつやまおおてまち

サービス付き高齢者向け住宅

アクセス

伊予鉄道線「大手町」駅から徒歩2分

【自立+介護の複合型サ高住】2015年2月オープン!!学研ココファン四国初進出物件。愛媛県松山市の中心地「大手町駅」から徒歩2分の好立地。自立の方から介護の方まで対応、クリニック・薬局も併設し健康不安の方にも安心の高齢者住宅です。上層階には一般の賃貸住宅もあるので、ご家族や親族などの近居も可能です。

>> もっとみる

自立型居室の空室状況 介護型居室の空室状況

1人用

満室

2人用

残り2

1人用

残り5

2人用

満室

月額費用 106,100円〜186,500円
入居時費用
  • 敷金:賃料2ヶ月分
  • 住所 愛媛県松山市大手町1-4-1
    併設する
    介護サービス
    居宅介護支援(ケアマネジャー)、訪問介護、クリニック
    特徴 介護・認知症タイプ、自立・支援タイプ、自立から介護までの複合型、2人で住める、徒歩圏内

    松山市のおすすめの老人ホーム・介護施設・高齢者住宅

    松山市の老人ホームの種類ごとの施設数と空室数

    施設の種類
    施設数
    空室
    サービス付き
    高齢者向け住宅

    1

    7

    グループホーム
    -
    -
    介護付き
    有料老人ホーム
    -
    -
    住宅型
    有料老人ホーム
    -
    -

    よくある質問

    A

    松山市で最も月額費用が安い介護施設は「ココファン松山大手町」です。

    月額費用は106,100円です。

    有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅、グループホームなどの民間施設は、施設ごとに費用プランが様々です。予算や利用したいサービスなどに合わせて、最適な施設を選択することが重要です。

    月額費用が安い松山市の介護施設を探す

    A

    松山市で認知症対応ができる施設は1件です。

    民間施設の中でも、グループホームは認知症患者の方を主な対象としています。

    介護・医療のサービスが充実している介護付き有料老人ホームでも、認知症対応ができる施設が多いです。

    また近年では、軽度の認知症であればサ高住や住宅型有料老人ホームにも受け入れ可能な施設が多く、学研ココファンでもこうした施設を多数取り扱っています。

    A

    松山市で自立・要支援向けの施設は1件です。

    民間施設の中でも、要支援・自立の方に特におすすめなのはサービス付き高齢者向け住宅、住宅型有料老人ホームの2種類です。

    いずれも幅広い介護度の方に対応可能な施設です。

    松山市の自立から介護までの複合型施設を探す

    A

    松山市でデイサービス併設の施設は0件です。

    最新の住宅型有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅では、訪問介護やデイサービスなどを併設している場合が多いです。

    これらのサービスを利用すれば、常に介護スタッフがそばで見守ってくれるため、より安心な暮らしを送ることができます。

    またこのような施設では、施設に併設された事業所だけでなく、外部の居宅サービスを利用することも可能ですので、利用するサービスの自由度が高い点も魅力です。

    松山市の特集から探す

    認知症対応が可能な施設特集

    認知症対応が可能な施設一覧はこちら。認知症の方の介護は、ご自宅ではなかなか難しいもの。快適に暮らせる住環境を備えた、認知症の方向けの老人ホームをご紹介します。

    胃ろう対応ができる施設特集

    胃ろうの対応が可能な施設一覧はこちら。認知症同様、胃ろうのケアも自宅では難しい場合が多いでしょう。胃ろう対応可能な介護・看護体制を整えた施設を集めました。

    自立・要支援の方におすすめな施設特集

    自立・要支援の方向けの施設一覧はこちら。元気な方が活気のあるシニアライフを送れるような、レクリエーションなどが充実した施設をご紹介します。

    夫婦で入居可能な施設特集

    夫婦で入居が可能な施設の一覧はこちら。二人用の居室は需要が高く、すぐに満室になってしまうため、夫婦での入居を希望する場合は早めの情報収集が必要です。

    訪問介護併設の施設特集

    訪問介護を併設している施設の一覧はこちら。サ高住などの施設内で訪問介護を併用することで、より充実した身体介護サービスを受けられます。

    松山市の周辺地域一覧

    松山市の老人ホームの特徴

    松山市の魅力

    こちらの記事では、愛媛県松山市の老人ホームの特徴と動向について紹介していきます。

    松山市の地理的特徴と介護施設の特徴

    愛媛県松山市は四国で最大人口を誇る都市で、令和3年11月1日現在で505,131人の方が暮らしています。

    多くの観光客が訪れる街でもありますが、市内の鉄道やバス網は発達している上に松山港や松山空港があるため移動が容易です。

    交通の便が良く瀬戸内海式気候で暮らしやすい点が特徴で、老後を暮らす地域としてもおすすめできます。

    さらに、足を伸ばせば道後温泉などの温泉施設が多くあるので、非常に暮らしやすい環境と言えるでしょう。

    なお、松山市は有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅・グループホーム・特別養護老人ホームなどの高齢者施設が充実している点も大きな魅力です。

    介護施設数は十分にあり、空きのある施設も多いことから自身の希望を満たせる施設が見つかる可能性も高いでしょう。

    松山市の介護施設価格概観

    松山市にあるココファンの介護施設の入居金・月額費用の平均値・中央値は、下記の表の通りです。

    <入居金>

    地域 平均値 中央値
    松山市 179,250円 179,250円
    全国平均 297,256円 194,500円

    <月額費用>

    地域 平均値 中央値
    松山市 146,300円 146,300円
    全国平均 169,518円 158,250円

    松山市は、全国のココファンの施設の中でも入居金・月額費用共に安めの費用で利用できる傾向にあります。

    また、安いながらも提供されるサービスは信頼できるので、安心して利用できる点が大きな魅力となっています。

    金銭的にも安心して利用できるので、松山市在住の方や近隣に住んでいる方にとっては嬉しい情報でしょう。

    松山市の高齢者人口

    松山市の高齢者人口推移

    松山市の高齢者人口と高齢化率は、こちらのイラストのように推移しています。令和3年11月時点での高齢者数は14万3,412人、高齢化率は28.2%です

    出典:高齢者人口 松山市公式ホームページ

    高齢者人口と高齢化率は右肩上がりの状況にあり、生産人口の減少も相まって、高齢化率は今後も上昇していくことが予測されています。

    特に、高齢化率が28%以上と高い水準で推移していることから、介護サービスを充実にさせることが必要な地域だと言えるでしょう。

    松山市の介護施設の状況

    続いて、令和2年9月時点の松山市の介護施設の状況について見ていきましょう。

    <松山市の種類別施設数>

    種類 施設数 75歳以上千人あたりの施設数(松山市) 75歳以上千人あたりの施設数(全国)
    訪問型介護施設数 286 4.44 3.25
    通所型介護施設数 269 4.17 3.43
    入所型介護施設数 247 3.83 2.17
    特定施設数 54 0.84 0.32
    居宅介護支援事業所数 207 3.21 2.41
    福祉用具事業所数 73 1.13 0.80
    介護施設数(合計) 1,136 17.62 12.40

    出典:日本医師会 松山市

    高齢者数の増加に伴い、松山市では介護施設数をより充実させるよう取り組んでいます。

    そのため、上記の表のように、75歳以上千人当たりで比較した際、介護施設数は全国平均よりも多いです。

    どの種類の施設でも全国平均より高くなっており、介護サービスの利用に困る可能性が低い地域だと言えるでしょう。

    松山市の要介護認定者数

    松山市の要介護認定者数推移

    松山市の要介護認定者数は上記のイラストのように、2020年から2021年の間で大きく増加しています。

    令和3年10月時点での松山市の要介護認定者数は31,273人と発表されています。

    一方で、松山市公式ホームページ(令和3年)によると、今後は要介護認定者数が減少することが見込まれています。

    高齢者数の増加に対して、要介護認定者数は減少するため、今後松山市の認定率は若干減少するのではないか、と考えられます。

    一方で、今後より介護サービスを提供する事業所数は増加すると考えられるため、少なくとも2030年まではこういった介護サービスの利用に困らない可能性が高いです。

    松山市の高齢者相談委員会は?

    松山市では、介護サービスに関する苦情や要望を伝えるための窓口を設けており、社会福祉協議会によると3通りの方法で苦情・要望の申し立てが可能です。

    1. 苦情受付担当者を利用する
    2. 第三者委員に頼る
    3. 運営適正化委員会に持ち込む

    1は各施設が配置している担当者を通して申し立てる方法で、最も効果的で直接的な方法と言えるでしょう。

    2は外部の公平な立場から問題を見てくれるため、施設側に苦情を伝えても思わしい結果にならなかった際に利用することをおすすめします。

    3は社会福祉協議会の内部に設けられた委員会に伝える方法で、苦情受付担当者や第三者委員で解決できなかった際に活用すると良いでしょう。

    介護に関する問題に幅広く応じてくれる頼れる機関なので、積極的に活用することをおすすめします。

    松山市独自の介護サービスについて

    松山市の介護予防サービスは「介護予防・日常生活支援総合事業」として推進されています。

    要支援1・2と認定された高齢者の方など、介護予防が必要と判断された方に対して介護予防・生活支援サービスを提供しています。

    介護予防・生活支援サービスで代表的なのは

    • 介護予防型訪問サービス
    • 生活支援型訪問サービス
    • 介護予防型通所サービス
    • 生活支援型通所サービス

    の4つです。

    いずれにしても、利用者の自立を促進するサービスが中心となっているため、希望に合うサービスを受けられるかどうかは必ずチェックしましょう。

    なお、一般介護予防事業では市内の高齢者の方の健康増進を図るために、運動機能や口腔機能の訓練・向上や栄養改善などのサービスが提供されています。

    これらの介護予防サービスの財源は市民の方々が収めている税金なので、ぜひこのような機会を積極的に活用してみてください。

    松山市の地域包括ケアシステム

    地域包括ケアシステムの概要

    地域包括ケアシステムとは国を挙げて構築を目指しているシステムで、高齢者の方を支えるサービスを地域で一体となって提供するシステムを指しています。

    団塊世代が75歳以上となる2025年を目途に完成を目指しており、各市町村や都道府県が地域の自主性に基づきながら作り上げていくことになっています。

    要介護状態となっても、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを最期まで続けることができれば、豊かな老後生活を送れるのは言うまでもありません。

    住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築が国をあげて取り組まれていますが、松山市では2017年から下記の4種類の事業を推進しています。

    1. 在宅医療・介護連携推進事業

    住み慣れた自宅で生活を続ける高齢者の方のために、介護と医療の情報を共有する仕組みの構築を目指しています。

    医療と介護が連携することで、高齢者の方も安心してサービスを受けられるメリットがあります。

    1. 認知症施策推進事業

    初期の認知症の高齢者の方を集中的に支援する取り組みで、専門家で構成される支援体制の組織化やサービスを提供する推進員の設置が進められています。

    松山市でも認知症の方は増えていくと考えられるているので、今後ますます重要となる施策と言えるでしょう。

    1. 介護予防・日常生活支援総合事業

    訪問介護サービスと通所介護サービスを新たな事業に移行し、一元化する取り組みです。

    各地域の実態に合わせつつ、生活を支援するためのサービスを効率よく提供できれば健康寿命を伸ばせる効果も期待できるでしょう。

    1. 生活支援体制整備事業

    市内各地で、高齢者の方の生活支援サービスを引き受ける人材を養成する取り組みです。

    介護人材の不足は社会問題となっており、ボランティアの発掘や地域ネットワークの構築に寄与するコーディネータを養成する重要性は増しています。

    身近に頼れる存在がいることで、高齢者の方も安心して生活できる環境を整えることができるのです。

    掲載画像はWikipediaから引用している場合があります。

    老人ホーム・介護施設・高齢者住宅を探す

    介護施設の種類
    介護施設の比較
    介護施設の費用

    上に戻る 上に戻る