学研の高齢者住宅

千葉市老人ホーム・介護施設探す

3件の老人ホーム・介護施設が見つかりました

地域

施設種別

併設
サービス

特徴

病気対応

月額費用

老人ホーム・介護施設千葉市から探す

3件中 1〜3件目

ココファン蘇我そが

サービス付き高齢者向け住宅

アクセス

電車:JR京葉線、外房線、内房線線蘇我駅から徒歩20分

【介護型】環境抜群、千葉エリア初の介護型!JR京葉線「蘇我駅」 下車

>> もっとみる

介護型居室の空室状況

1人用

残り1

2人用

満室

月額費用 111,614円~160,600円
入居時費用
  • 敷金:賃料2ヶ月分
  • 住所 千葉県千葉市中央区稲荷町1-4-1
    併設する
    介護サービス
    訪問介護
    特徴 介護・認知症タイプ、自立・支援タイプ、2人で住める

    ココファンあすみが丘あすみがおか

    サービス付き高齢者向け住宅

    アクセス

    JR外房線「土気」駅から徒歩10分

    【介護・自立混合型】クリニック併設の大型サ高住!JR外房線「土気駅」 徒歩8分

    >> もっとみる

    自立型居室の空室状況 介護型居室の空室状況

    1人用

    残り1

    2人用

    満室

    1人用

    満室

    2人用

    満室

    月額費用 129,329円~199,843円
    入居時費用
  • 敷金:賃料2ヶ月分
  • 住所 千葉県千葉市緑区あすみが丘3-52-6
    併設する
    介護サービス
    居宅介護支援(ケアマネジャー)、訪問介護、デイサービス(通所介護)、クリニック
    特徴 介護・認知症タイプ、自立・支援タイプ、自立から介護までの複合型、2人で住める

    ココファン幕張ベイタウまくはりべいたうん

    サービス付き高齢者向け住宅

    アクセス

    JR京葉線「海浜幕張」駅から徒歩18分

    【介護型】2013年10月オープンのサービス付き高齢者向け住宅!JR京葉線「海浜幕張駅」徒歩18分美しい成長を続けてきた幕張ベイタウン。楽しく長く暮らし続けていける、充実した住環境です

    >> もっとみる

    介護型居室の空室状況

    1人用

    残り1

    2人用

    満室

    月額費用 131,171円~180,257円
    入居時費用
  • 敷金:賃料2ヶ月分
  • 住所 千葉県千葉市美浜区打瀬1-11-1
    併設する
    介護サービス
    訪問介護、デイサービス(通所介護)
    特徴 介護・認知症タイプ、自立・支援タイプ、2人で住める

    千葉市の周辺地域一覧

    千葉市の老人ホームの特徴と動向

    千葉市の魅力

    こちらの記事では、千葉市の老人ホームの特徴や動向について紹介していきます。

    千葉市の地理的特徴と介護施設の特徴

    千葉市は千葉県の県庁所在地で、政令指定都市でもあります。

    都心から30kmの距離で、東京に出勤する方のベッドタウンとしての性質も持つ大都市です。

    総武線や京葉線など多くの路線が通って交通網が非常に発達している点や、レジャー施設などの自然の多い地域もあり、年齢に関係なく住みやすい環境が魅力です。

    人口は令和3年10月1日現在で978,021人で、非常に多くの方々が千葉市で生活しています。

    介護施設数は比較的充実しており、老人ホームなどの料金は全国平均と同じ程度〜やや安い傾向にあります。

    交通の便が良い上に多くの施設のバリアフリー化が進んでいるため、多くの高齢者の方にとって魅力的な環境と言えるでしょう。

    千葉市の介護施設価格概観

    介護施設を選ぶ際には、やはり施設の利用費用は気になるでしょう。

    千葉市にあるココファンの介護施設の入居金・月額費用の平均値・中央値は下記の表の通りです。

    <入居金>

    地域 平均値 中央値
    千葉市 169,167円 166,000円
    全国平均 297,256円 194,500円

    <月額費用>

    地域 平均値 中央値
    千葉市 152,136円 155,714円
    全国平均 169,518円 158,250円

    上記のように、全国のココファンの施設の中でも千葉市のココファン施設は入居金・月額費用共にやや安めな傾向にあります。

    全国の他地域と比較しても、施設を利用しやすい地域だと言えるでしょう。

    千葉市の高齢者人口

    千葉市の高齢者人口推移

    令和3年9月時点で、千葉市の高齢者人口は約25.6万人、高齢化率(人口に対する高齢者人口の割合)は26,2%となっています。

    また上記のように、千葉市の高齢者人口は年々増加しています。

    2040年には高齢者人口が14万人を突破してしまう推計も出ていることから、今後ますます増えていくでしょう。

    千葉市に限らず全国的に「少子高齢化」は大きなトレンドとなっており、今後も高齢者人口の増加が懸念されています。

    高齢者人口だけでなく高齢者率も右肩上がりで上昇していくことから、介護の負担は今後ますます大きくなっていく可能性が高いと言えるでしょう

    この現実を受け入れて、「早い段階から施設選びを始める」「余裕を持った資金計画を考える」などの対策は必須となります。

    出典:千葉市(令和3年9月)

    千葉市の介護施設の状況

    それでは、2020年9月時点の千葉市の介護施設の状況について見ていきましょう。

    <千葉市の種類別施設数>

    種類 施設数 75歳以上千人あたりの施設数(千葉市) 75歳以上千人あたりの施設数(全国)
    訪問型介護施設数 345 3.28 3.25
    通所型介護施設数 288 2.74 3.43
    入所型介護施設数 201 1.91 2.17
    特定施設数 60 0.57 0.32
    居宅介護支援事業所数 282 2.68 2.41
    福祉用具事業所数 90 0.85 0.80
    介護施設数(合計) 1,268 12.04 12.40

    出典:日本医師会 千葉市

    上記のように、75歳以上千人あたりの施設数は、全国とほとんど同じからやや多めであることが分かります。

    今後は75歳以上の人口がますます増えていくため、施設数の数値に関して注意すべきでしょう。

    介護サービス事業所の中でも、特に居宅介護支援事業所や特定施設、福祉用具事業所数が充実している点が特徴です。

    千葉市の要介護認定者数

    千葉市の要介護認定者数

    千葉市ホームページの発表によると、令和2年10月1日時点での千葉市の要介護・要支援認定者数は36,956人となっています。

    出典:千葉市

    上記のように右肩上がりとなっており、今後ますます要介護・要支援認定者数は増えていくでしょう。

    千葉市の介護保険サービスは、施設に入居するサービスと在宅介護サービスに分かれており、利用状況の大まかな内訳を見てみると施設・居住系の利用者割合が25%・残りの75%が居宅サービスという状況です。

    つまり、千葉市では在宅介護のための設備が充実している地域で、居宅サービスの利用に特徴のある地域と言えるでしょう。

    自宅の手すりを設置するなどのバリアフリー化の改修費用支援も介護サービスの一環ですが、千葉市でもこういったサービス利用が増加傾向にあります。

    千葉市の高齢者相談窓口は?

    千葉市では高齢者の相談に乗ってくれる窓口として「あんしんケアセンター」が設置されており、あんしんケアセンターが高齢者支援窓口の中心となっています。

    市内に30か所設置されているので、多くの市民が気軽に利用できるはずです。

    あんしんケアセンターには、ケアマネジャー・社会福祉士・保健士などの介護に関する専門的知識を持ったスタッフが常駐しているので、介護や福祉に関する不安や不満の相談に幅広く対応しています。

    介護予防のためのケアプランの作成や実際の介護サービスの手続きまで行ってくれるので、事務手続きが難しい高齢者の方にとって頼れる存在です。

    本人だけでなく家族も相談できるので、何らかの不安や悩みがある方は、積極的に活用してストレスを軽減できる環境が整っていると言えるでしょう。

    また、「保健福祉センター」も高齢者の総合的な相談窓口として機能しており、認知症の方や家族のための相談窓口である「ちば認知症コールセンター」も用意されています。

    他にも、主に医療的な相談などを行い、必要に応じて地域の医療機関を紹介してくれる「認知症疾患医療センター」や、高齢者の方を在宅介護している家族を支援するための「家族介護者支援センター」なども設置されています。

    このように市内の高齢者支援や家族の支援を行う環境は整備されているので、積極的に活用しましょう。

    千葉市独自の介護サービスについて

    千葉市独自の介護予防活動として、「シニアリーダー」制度が挙げられます。

    シニアリーダー制度とは、地域の介護予防活動を行うリーダーを養成する試みですが、実際にシニアリーダーが企画した体操教室が開催される事例もあるので着実に機能していることが分かります。

    シニアリーダーになるためには、市が指定した講座を受ける必要があるので、興味はある方はあんしんケアセンターに確認してみると良いでしょう。

    高齢者支援の先頭に立つという役割は非常に大きく、やりがいが伴うので多くの方と良好なコミュニティを築くことができるでしょう。

    他にも、千葉市では掃除や洗濯などの家事を手伝うサービスや、買い物やごみ出しなどの支援をNPOや地域の住民ボランティアが行う事業が展開されているので、独自のサービスもかなり充実していることが分かるでしょう。

    千葉市の地域包括ケアシステム

    地域包括ケアとは

    地域包括ケアシステムとは、地域で高齢者を支えるサービスを一体的に提供するシステムのことです。

    各地域ごとに包括ケアシステムを構築することは、国を挙げて推進もされています。

    最期まで自分らしい暮らしを送れるように、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築が推進されており、システムは市町村や都道府県が地域の自主性に基づきながら作られます。

    千葉市の地域包括ケアシステムの中心が、先述した「あんしんケアセンター」です。

    具体的には、在宅介護する家族の負担を軽減するために、訪問介護事業者が介護技術を教える「訪問レッスン」を実施しています。

    介護予防事業にも力を入れており、介護予防教室や講演会なども行っているので、積極的に参加すると良いでしょう。

    また、一般の高齢者の社会参加を促す「チャレンジシニア教室」を行い、心身機能の維持や改善にも取り組んでいます。

    さらに、千葉市では現在サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の建設も推進されており、2017年9月現在市内に40ヵ所以上と、一つの自治体としては非常に充実した数を誇っています。

    上記のように、千葉市は高齢者支援に積極的な自治体なので、千葉市に住んでいる方や近隣に住んでいる方にとっては魅力的な環境と言えるでしょう。

    掲載画像はWikipediaから引用している場合があります。

    全国の老人ホーム・介護施設を探す

    上に戻る 上に戻る