学研の高齢者住宅

葛飾区老人ホーム・介護施設探す

1件の老人ホーム・介護施設が見つかりました

地域

施設種別

併設
サービス

特徴

病気対応

月額費用

老人ホーム・介護施設葛飾区から探す

1件中 1〜1件目

ココファン水元みずもと

サービス付き高齢者向け住宅

アクセス

電車:JR常磐線「金町駅」・京成金町線「京成金町駅」下車 金町駅北口より62系統バス乗車10分

【介護型】商業施設や豊かな自然もあり、住環境良好な介護型サ高住!JR常磐線「金町駅」・京成金町線「京成金町駅」バス10分

>> もっとみる

介護型居室の空室状況

1人用

残り2

2人用

満室

月額費用 124,171円~177,257円
入居時費用
  • 敷金:賃料2ヶ月分
  • 住所 東京都葛飾区水元4丁目5-1
    併設する
    介護サービス
    居宅介護支援(ケアマネジャー)、訪問介護
    特徴 介護・認知症タイプ、自立・支援タイプ、2人で住める

    葛飾区の周辺地域一覧

    葛飾区の老人ホームの特徴と動向

    葛飾区の魅力

    今回は、東京都葛飾区の老人ホームの特徴と動向について解説していきます。

    葛飾区や近隣にお住いの方は、ぜひ参考にしてください。

    葛飾区の地理的特徴と介護施設の特徴

    葛飾区と聞いて、「男はつらいよ」「こちら葛飾区亀有公園前派出所」などをイメージする方も多いでしょう。

    これらの作品からも分かるように、都内でも有数の下町で情緒ある風情が人気です。

    人口は462,192人で、高齢者の方も街に溶け込みやすい閑静な街なので過ごしやすい点が大きな魅力です。

    老人ホーム等の介護施設の整備も進んでおり、今後ますます老人ホームは増えていくでしょう。

    有料老人ホームの利用料を見てみると、葛飾区は23区内で比較的低額な水準にあります。

    また、高齢者の社会参加を促す取り組みが積極的に行われている点も特徴的です。

    介護施設などでサポーター活動を行う「介護支援サポーター事業」や、高齢者のひきこもり解消を図る「いきいきふれあいサロン」を設置し、生きがいづくりや活力のある生活をサポートしています。

    さらに、健康で長生きするための「シルバーエンジョイスポーツ」「うんどう教室事業」など、高齢者が身体を動かす機会を提供する取り組みも人気があります。

    葛飾区の介護施設価格概観

    それでは、葛飾区の介護施設の費用について見ていきましょう。

    葛飾区にあるココファンの介護施設の入居金・月額費用の平均値・中央値は、下記の表の通りです。

    <入居金>

    地域 平均値 中央値
    葛飾区 160,500円 160,500円
    全国 297,256円 194,500円

    <月額費用>

    地域 平均値 中央値
    葛飾区 150,714円 150,714円
    全国 169,518円 158,250円

    葛飾区のココファンの施設の利用費用は、全国の中央値・平均値と比較すると安い傾向にあることが分かります。

    特に、入居金は非常にかなり安いレベルにあるため、東京都内でも利用しやすいと言えるでしょう。

    葛飾区の高齢者人口

    葛飾区の高齢者人口推移

    葛飾区の発表によると、葛飾区の高齢者人口は上記のイラストのようになっています。

    出典:第8期 葛飾区 高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画

    令和2年10月時点で、葛飾区の65歳以上の人口は114,282人・75歳以上は60,752人となっています。

    高齢者人口割合について見てみると、令和2年10月で65歳以上が24.6%・75歳以上が13%です

    また、今後の高齢者人口及び高齢者率の推移を見てみると、2025年には減少するものの、2035年から2040年にかけては上昇していくと考えられています。

    葛飾区の介護保険事業者・施設の状況

    続いて、2020年9月時点葛飾区の介護保険事業者と施設の状況について確認していきましょう。

    <葛飾区の種類別施設数>

    種類 施設数 75歳以上千人あたりの施設数(葛飾区) 75歳以上千人あたりの施設数(全国)
    訪問型介護施設数 179 3.37 3.25
    通所型介護施設数 185 3.49 3.43
    入所型介護施設数 63 1.19 2.17
    特定施設数 11 0.21 0.32
    居宅介護支援事業所数 158 2.98 2.41
    福祉用具事業所数 39 0.73 0.80
    介護施設数(合計) 635 11.97 12.40

    出典:日本医師会 葛飾区

    葛飾区の施設について見てみると、全国の施設数とほぼ同程度からやや多めであることが分かります。

    特徴として入所型介護施設数が全国平均と比較するとかなり少ないですが、介護施設全体で見ると十分な数が揃っていることが分かります。

    今後もますます高齢者施設は増えていくことが予測できますが、動向に関しては要注意と言えるでしょう。

    葛飾区の要介護認定者数

    葛飾区の要介護認定者数推移

    葛飾区の発表によると、2020年時点では葛飾区の要介護・要支援認定者数は上記のイラストの通りとなっています。

    出典:葛飾区(2021年3月)

    高齢者人口の増加に伴い、要介護認定者数も増加していくと考えられています。

    そのため、介護の負担は今後より大きくなっていくと言えるでしょう。より大きくなっていく介護・医療への需要を満たすために、地域の自治体が中心となって介護サービスをより充実させることが必要になります。

    葛飾区の高齢者相談窓口は?

    葛飾区では、区内の高齢者が介護サービスを受けられるように苦情調整委員制度を設けています。

    高齢者の方のための相談窓口が設けられているので、疑問や不安なことがあれば気軽に利用しましょう。

    なお、苦情調整委員を務めているのは弁護士や大学教授などの専門家なので、専門的な知識に基づいたアドバイス・助言が期待できます。

    なお、調査を経て介護事業者側に問題点があると判断されると、当該事業者対して是正が勧告される仕組みになっているため、サービスを利用する住民の方々にとっては非常にありがたいでしょう。

    また、申立ての結果は必ず本人に報告される仕組みになっているので、オープンな相談窓口と評価できます。

    利用したい場合は、葛飾区の福祉管理課の企画係に問い合わせてみてください。

    葛飾区独自の介護予防サービスについて

    葛飾区では独自の介護予防サービスを展開しているので、住民の方は積極的に利用すると良いでしょう。

    葛飾区の介護予防サービスは要支援高齢者のニーズに合わせてサービスを展開している点が特徴で、訪問型サービス・通所型サービス・介護予防ケアマネジメントの3種類のサービスを受けることができます。

    また、「介護予防ケアマネジメント」を通して自身の状態に合った介護予防計画を作成できます。

    区内にある高齢者総合相談センターなどに所属しているケアマネジャーが具体的なケアプランの作成をしてくれるため、大きな助けになるのは間違いありません。

    また、利用者の状況によっては調査員が自宅に訪問して調査を行うので、外出が難しい方でも問題なく利用可能です。

    さらに、利用者にとって必要なサービスは状況に応じて変わることから、調査員が継続的に利用者の状況を確認して計画を見直してくれる点も嬉しいサービスです。

    必要なサービスを常に受けられる仕組みが整っていることから、遠慮せずに担当窓口で相談してみてください。

    葛飾区の地域包括ケアシステム

    地域包括ケアの概要

    地域包括ケアシステムとは、高齢者を支えるサービスを地域で一体的に提供するシステムを指します。

    国を挙げてシステムの構築を推進しており、団塊世代が75歳以上となる2025年を目途にシステムの完成が目指されています。

    具体的には、要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを最期まで続けることができるようにサポートするための内容となっています。

    住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムは、市町村や都道府県が地域の自主性に基づきながら構築されますので、地域の高齢者支援の軸としての役割を持つ、と言えるでしょう。

    葛飾区は他の地域と同様に、今後後期高齢者や認知症高齢者、要介護者数が増加する見込みです。

    そこで、定期巡回・随時対応型訪問介護看護などの優先順位が高いサービスを積極的に展開していくことを宣言しており、高齢者が在宅で安心して生活できる環境の整備を推進しています。

    また、現在葛飾区では地域包括ケアシステムの構築にあたり、7つの日常生活圏域の中から1ヵ所をモデル地域に指定し、具体的な取り組みを進めています。

    行政が様々な機関と連携しながら、医療・介護・介護予防・住まい・生活支援の5つのサービスを一元的に提供する体制づくりを目指しているため、高齢者の方々にとって非常にありがたい仕組みと言えるでしょう。

    なお、葛飾区が特に力を入れているのは在宅介護サービスと在宅医療サービスの連携です。

    通常であれば、介護と医療は別々に分かれているため利用する際には別々に申請する必要がありますが、葛飾区では地域密着型ケアシステムの実現を目指して介護と医療の連携を緊密にすることを重要視しています。

    住民の目線に立ちながら有用なシステム構築を進めていることから、今後も葛飾区で住み続ける予定の方や葛飾区に転居する予定がある方はチェックすると良いでしょう。

    具体的な取り組みに関しては広報やホームページで確認できるので、調べてみてください。

    掲載画像はWikipediaから引用している場合があります。

    全国の老人ホーム・介護施設を探す

    上に戻る 上に戻る