学研の高齢者住宅

練馬区老人ホーム・介護施設探す

2件の老人ホーム・介護施設が見つかりました

地域

施設種別

併設
サービス

特徴

病気対応

月額費用

老人ホーム・介護施設練馬区から探す

2件中 1〜2件目

ココファン練馬関町ねりませきまち

サービス付き高齢者向け住宅

アクセス

電車およびバス:JR中央線「三鷹」駅北口、バス「北裏」まで10分、下車徒歩1分、 西武新宿線「東伏見」駅から徒歩13分

【自立型・介護型】2014年5月オープンのサービス付き高齢者向け住宅!JR中央線「三鷹駅」バス10分(「北裏」バス停より徒歩1分)西武新宿線「武蔵関駅」および「東伏見」徒歩20分多くの緑にかこまれた練馬関町は四季を感じながら生活ができる閑静な住宅街です。

>> もっとみる

自立型居室の空室状況 介護型居室の空室状況

1人用

満室

2人用

満室

1人用

残り1

2人用

残り1

月額費用 162,200円~240,960円
入居時費用
  • 敷金:賃料2ヶ月分
  • 住所 東京都練馬区関町南4-21-21
    併設する
    介護サービス
    特定施設入居者生活介護
    特徴 介護・認知症タイプ、自立・支援タイプ、自立から介護までの複合型、2人で住める

    ファミニュー石神井しゃくじい

    介護付き有料老人ホーム

    アクセス

    ・西武新宿線「上石神井」駅より徒歩13分(約1,000m) ・西武新宿線「武蔵関」駅より、関東バス「荻32系統『水道端』バス停下車(約10分乗車)徒歩3分(約220m) ・JR中央線「吉祥寺」駅より西武バス「成増行き」にて『水道端』バス停下車(約10分乗車)徒歩3分(約220m) ・JR中央線「荻窪」駅より関東バス「武蔵関行き」にて『水道端』バス停下車(約15分乗車)徒歩3分(約220m)

    ◆季節のアクティビティ、日々のアクティビティに加え、個別ケア(ご入居者様の行きたいところへご家族様、スタッフとお出かけ)を行い外出をする機会を増やしホームに入居したからこそ出来ることを常に、ご入居者様、ご家族様と一緒に考えより良い暮らしのお手伝いをさせて頂きます。

    >> もっとみる

    介護型居室の空室状況

    1人用

    残り5

    月額費用 254,117円
    入居時費用
  • 敷金:500,000円
  • 住所 東京都練馬区関町東1-1-5
    併設する
    介護サービス
    特定施設入居者生活介護
    特徴 自立から介護までの複合型

    練馬区の周辺地域一覧

    練馬区の老人ホームの特徴と動向

    練馬区の魅力

    東京都練馬区の老人ホームについて、特徴と動向を紹介します。

    都心部のアクセスがいい地域で介護を受けたい方におすすめの練馬区は、多様な介護サービスが選択可能な地域です。

    また、練馬区の地域包括サービス・高齢者の方が健康で長生きするための地域の取り組み・介護サービス利用における不安を相談できる窓口などについても紹介します。

    練馬区の地理的特徴と介護施設の特徴

    まず、練馬区の地理と介護施設の特徴を紹介します。

    東京都練馬区は副都心線・大江戸線などが通る交通機関の発達した土地として非常に価値が高く、マンションなどの建築も進んで栄えています。

    練馬区の人口は、令和3年10月1日時点で739,679人です。

    都心部ではあるものの区内には農地などの自然も残っているほか、犯罪件数についても23区内でトップレベルに少ない治安のよい地域として、高齢者の方と家族が安心できるに住みよい街です。

    有料老人ホームの数は、23区でも有数の数を誇り、特に充実しています。

    また、その他の介護サービス施設も充実しているため、自分のニーズに合わせてさまざまな選択肢が選べるでしょう。

    さまざまな施設・サービスが選べる練馬区はその利用料も幅が広いですが、平均的な金額を見ると港区・世田谷区などの高級住宅街を有する区よりは費用が低額のところが多い地域です。

    そんな練馬区では、健康長寿若返り事業・地域包括ケアにも力を入れていて、高齢者とその家族にとって魅力の多い地域と言えます。

    練馬区の介護施設価格概観

    以下では、練馬区の介護施設における価格概観について解説します。

    練馬区のココファン介護施設における入居金・月額費用それぞれの平均値と中央値について以下の表にまとめました。

    <入居金>

    地域 平均値 中央値
    練馬区 254,667円 254,667円
    全国 297,256円 194,500円

    <月額費用>

    地域 平均値 中央値
    練馬区 227849円 227849円
    全国 169,518円 158,250円

    練馬区のココファン施設における費用を、全国の施設の費用の中央値・平均値と比較すると、入居金・月額費用ともに高めだと言えるでしょう。

    練馬区の高齢者人口

    練馬区の高齢者人口推移

    練馬区の発表によると、2021年1月時点の日本人の高齢者人口は約16.0万人、高齢化率は22.3%となっています。

    都心部まで電車通勤・通学圏内でベッドタウン化されている練馬区は、現状では生産人口が多く、そのため高齢者割合は低い数字で推移しています。

    また、毎年割合が急激に上昇しているわけでもありません。

    しかし、現在は高齢者の増加率が緩やかな練馬区も、今後は若年層の減少に伴って割合が増加することが予想され、2050年頃には25%を超える見込みです。

    出典:練馬区の各年1月1日の高齢者人口

    練馬区の介護施設の状況

    練馬区の介護施設状況について、以下の表にまとめました。

    <練馬区の介護施設の種類別施設数>

    施設形態 施設数 75歳以上千人あたりの施設数(練馬区) 75歳以上千人あたりの施設数(全国)
    訪問型介護施設 264 3.26 3.25
    通所型介護施設 229 2.83 3.43
    入所型介護施設 98 1.21 2.17
    特定施設 61 0.75 0.32
    居宅支援介護事業所 195 2.41 2.41
    福祉用具事業所 47 0.58 0.80
    合計 894 11.05 12.40

    さまざまな形態の施設が存在し個々のニーズに合った施設が選択可能な練馬区ですが、75歳以上の高齢者1,000人あたりの施設数は全国平均よりも多いわけではありません。

    特に老人ホームなどの入所型介護施設数は他県の地域に比べて少ない状況となっています。

    練馬区の要介護認定者数

    練馬区の要介護認定者数

    以下では、練馬区の要介護認定者数について解説します。

    令和2年度の練馬区の発表によると、2019年度の要介護認定者数は33,895人、認定率は21.0%となっています。

    また、2040年には約42,000人にも認定者数が増加すると見られていますが、認定率には大きな変動はない、という推定です。

    今後さらに高齢者・要介護要支援認定者の数は増えると予想されることから、

    • 65歳以上の高齢者のみで構成された世帯の増加
    • 65歳以上の高齢者の一人暮らし世帯の増加
    • 認知症患者のための見守り支援サービス充実

    などが今後の課題です。

    要介護認定者の増加について、練馬区では以下のように発表しています。

    要介護認定者は令和元年度の約34,000人から令和7年度の約38,000人へ約4,000人増加し、要介護認定率は21.0%から23.4%へ、2.4ポイントの増加が見込まれる。令和22年度には要介護認定者は約42,000人に達するが、要介護認定率は前期高齢者の増加に伴い、21.2%になると見込まれる。 出典:練馬区高齢者保健福祉計画・ 介護保険事業計画

    練馬区の高齢者相談窓口は?

    練馬区では、高齢者が介護サービスを利用するにあたって相談することが可能な保険福祉サービス苦情調整委員制度を設け、苦情や不満をヒアリングする相談窓口を設置しています。

    保健福祉サービス苦情調整委員制度は、弁護士2名・元行政職員1名の三人態勢で機能しており、その役割は公平な立場として利用者・事業所の間に入り必要に応じて調査を実施することです。

    場合によっては、事業所に対する注意・勧告・改善要求などをし、介護サービス利用者が安心して施設を利用できるようアドバイスを行います。

    また申し立てに至らない場合でも常駐の相談委員に相談でき、ヒアリングした内容によっては委員会に取り次いでもらうことが可能なので、「まずは話を聞いてもらいたい!」という場合はこちらの利用がおすすめです。

    ただし、1年以上前の出来事・裁判などで係争中の案件・既に処理済みの案件については相談できません。

    練馬区独自の健康長寿若返り事業などついて

    練馬区では、高齢者の介護予防と自立の支援を目的とし、独自の健康長寿若返り事業を展開しています。

    この事業は、介護予防・生活支援サービス事業と一般介護予防事業で構成されていますが、主に以下のような事業を行うものです。

    <介護予防・生活支援サービス事業>

    • シルバー人材による簡単な日常生活支援
    • 電話による安否確認サービス
    • 高齢者相談センターのケアプランの作成

    <一般介護予防事業>

    • 高齢者のためのボランティア活動
    • 食事会や体操などの通所サービス
    • 生活状況・心身の健康状態チェック

    このほかにも高齢者の方の要介護認定も行っており、介護予防事業をボランティアで行いながら、安否・健康状態をチェックしたり必要な場合には介護支援につなげたりしています。

    練馬区の地域包括ケアシステム

    地域包括ケアとは

    地域包括ケアシステムとは、高齢者支援サービスを地域で一体的に提供するシステムのことです。

    団塊世代が75歳以上となる2025年を目途に、要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを最期まで続けることができるようにすることを目的としています。

    住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築を国をあげて取り組んでいる状況です。

    地域包括ケアシステムは、各市町村・都道府県の自主性に基づいて地域の特性を活かしながら作り上げることが必要とされていますが、練馬区の地域包括ケアシステムでは、住まい・医療・介護の3つを柱に、それぞれの橋渡し役となることが目的です。

    区域ごとに設置される地域包括支援センターは、練馬区内に約25ヵ所あり、地域包括ケアシステムを利用したネットワーク作りを重視して活動しています。

    また、高齢者相談センターでは、医療と介護両面の相談に乗れる連携推進員を配備し、窓口にて高齢者やその家族が気軽に相談可能です。

    さらに練馬区には街かどケアカフェという独自のサポートがあります。

    街かどケアカフェとは、介護予防などについて相談が出来る拠点として機能するもので、高齢者などが集まってお茶を飲みながら気軽に利用できる施設です。

    区内に設置された街かどケアカフェには、区の直接運営・提携団体の独自運営の双方があり、それぞれ特徴があります。

    区の運営している場所で行われているのは、

    • 健康に関する相談・アドバイス
    • 介護体操の実施
    • 薬の講座

    など専門スタッフによる医療・介護などの総合的支援です。

    一方、提携団体が運営している街かどケアカフェは、

    • 認知症の方やその家族が集まる場所の設置
    • 芸術を楽しむ教室
    • 介護予防体操などで体を動かす活動

    などを行っており、利用者同士の交流などを楽しむことを目的としています。

    また区立の施設などで、高齢者相談センターが実地する介護予防・認知症カフェもあるためぜひ有効活用してください。

    掲載画像はWikipediaから引用している場合があります。

    全国の老人ホーム・介護施設を探す

    上に戻る 上に戻る