学研の高齢者住宅

中央区老人ホーム・介護施設探す

1件の老人ホーム・介護施設が見つかりました

地域

施設種別

併設
サービス

特徴

病気対応

月額費用

老人ホーム・介護施設中央区から探す

1件中 1〜1件目

ココファン勝どきかちどき

サービス付き高齢者向け住宅

アクセス

都営地下鉄大江戸線「勝どき駅」から徒歩6分

都心で暮らす方々の高齢化ニーズに応える、拠点型サービス付き高齢者向け住宅が東京都中央区勝どきに2017年3月オープンしました。場所は、勝どき駅から徒歩6分に立つタワー型レジデンスマンションの1階から4階部分。1,2階にはコンビニや薬局、飲食店などがあり、暮らしやすく便利な環境です。25㎡~37㎡の居室は全戸に浴室とキッチンを完備。ご夫婦などお二人でご入居いただける部屋もご用意しています。また、訪問介護など介護サービスを併設していますので、自立の方から要介護の方まで末永くお暮しいただけます。ココファン勝どきは、中央区との共同事業でできた拠点型サービス付き高齢者向け住宅です。訪問介護の他、小規模多機能型居宅介護事業所(※)を併設し、サ高住のご入居者の他、地域のご高齢者の皆さまに介護サービスを提供する介護拠点としての機能も有します。◆「小規模多機能居宅介護」とは通い・訪問・宿泊といった多くの機能を持つ在宅介護サービスです。在宅の方を対象としていますが、ココファン勝どきにお住いの方もご利用いただけます(別途契約)。詳しくはこちらをご覧ください(PDFが開きます)◆「ココファン勝どき」入居資格について中央区との共同事業であるため、ココファン勝どきのご入居には下記の通り入居資格がございます。詳しくはお問合せください。・満60歳以上の方または要介護・要支援認定を受けている60歳未満の方※60歳未満の方は終身賃貸ではなく普通賃貸借契約となります。・月額所得が487,000円以下である方・入居者ご本人が東京都民の方

>> もっとみる

自立型居室の空室状況

1人用

満室

月額費用 144,300円~203,000円
入居時費用
  • 敷金:賃料2ヶ月分
  • 住所 東京都中央区勝どき5-3-2 勝どきザ・タワー
    併設する
    介護サービス
    居宅介護支援(ケアマネジャー)、訪問介護、小規模多機能居宅介護
    特徴 介護・認知症タイプ、自立・支援タイプ、2人で住める

    中央区の周辺地域一覧

    中央区の老人ホームの特徴と動向

    中央区の魅力

    こちらの記事では、東京都中央区の老人ホームの特徴や動向について解説していきます。

    中央区の地理的特徴と介護施設の特徴

    東京都中央区は東京の中心であり、銀座や日本橋エリアをはじめとして様々な商業施設があります。

    高層ビルや高級マンションのイメージがありますが、一部には一戸建てが多いエリアも存在します。

    大都会としての魅力だけでなく、築地などの名物エリアも多いため生活を送る上でも暮らしやすい区と言えるでしょう。

    観光と商業エリアなどが発達している上に、鉄道網やバス路線などの交通の便が発達しているため、様々な場所にアクセスすることが可能です。

    また、令和3年11月時点で中央区の人口は17万人を超えており、様々な高齢者への福祉サービスが充実していることもあって、高齢者にとって住みやすい環境が整備されています。

    また、中央区が独自に提供している介護サービスもあり、区内に住む高齢者のために「高齢者の住まい支援」を行っているので、在住の方は積極的に活用すると良いでしょう。

    また、地域包括ケアシステムによる医療ケアも提供しているので、区の広報やホームページに目を通して情報を収集してみてください。

    中央区の介護施設価格概観

    中央区にあるココファンの介護施設の入居金・月額費用の平均値と中央値は、下記の表の通りです。

    <入居金>

    地域 平均値 中央値
    中央区 237,600円 237,600円
    全国 297,256円 194,500円

    <月額費用>

    地域 平均値 中央値
    中央区 173,650円 173,650円
    全国 169,518円 158,250円

    上記のように、中央区の施設費用は全国平均と比べるとやや高いことが分かるでしょう。

    中央区は都会で土地代も高いことから、コストも高くなってしまうのです。

    自身の資産状況や年金収入などを鑑みて、入居可能かどうか判断してみてください。

    中央区の高齢者人口

    中央区の高齢者人口推移

    上記のイラストのように、中央区の高齢者人口は今後右肩上がりになると予想されていますが、高齢化率は減少する見込みです。

    年齢別に見てみると、65歳~74歳の前期高齢者は横ばい状態が続く見込みですが、75歳以上の後期高齢者は増加することが予測されています。

    中央区は銀座や日本橋などの大型商業地域とオフィス街が中心なので、昼間人口が60万人を超える一方で在住者は少ない点が特徴です。

    しかし、近年は人口が増加傾向にあり、2013年の13万人から2017年には15万人まで増加しています。

    地方は人口が減少していきますが、中央区などのエリアでは人口の流入が緩やかに進んでいくでしょう。

    出典:中央区(令和3年11月時点)

    中央区の介護保険事業者・施設の状況

    中央区の介護保険事業者・施設の状況下記の表の通りです。

    <中央区の種類別施設数>

    種類 施設数 75歳以上千人あたりの施設数(中央区) 75歳以上千人あたりの施設数(全国)
    訪問型介護施設数 48 4.48 3.25
    通所型介護施設数 26 4.42 3.43
    入所型介護施設数 12 1.12 2.17
    特定施設数 4 0.37 0.32
    居宅介護支援事業所数 27 2.52 2.41
    福祉用具事業所数 10 0.93 0.80
    介護施設数(合計) 127 11.84 12.40

    出典:日本医師会 中央区

    中央区の介護施設数は全国平均と大きな差は無く、比較的充実している傾向にあると言えるでしょう。

    これは在住している方にとってはありがたいデータと評価できますが、施設数の増減に関しては今後もチェックする必要があります。

    中央区の要介護認定者数

    中央区の要介護認定者数推移

    中央区の要支援認定者数について見てみると、上記の表のようになっています。

    出典:中央区の現状(平成31年4月時点)

    認定者数は緩やかに増加する見込みです。

    なお、要介護認定者数を年齢別に見てみると、2012年~2017年の間に65歳~74歳の前期高齢者は1.07倍に増加し、75歳以上の後期高齢者は1.25倍増加してます。

    平均寿命の延びや高齢化の進展は日本におけるトレンドなので、中央区においても避けることができないのが現状です。

    中央区の高齢者相談窓口(委員会)は?

    中央区では高齢者の悩みを解決したり生活を支援するためのサービスや各種相談窓口を設けているので、積極的に活用しましょう。

    例えば、地域包括支援センターの「おとしより相談センター」では、高齢者に関する花広い相談が可能となっているので、多くの高齢者にとって頼れる存在となってくれるでしょう。

    社会福祉士や認知症地域支援推進員などのプロが対応してくれるので、介護に関する悩みに加えて、介護保険などの福祉サービスの疑問や手続き方法など様々な相談が可能となっています。

    また、中央区では高齢者の健康づくりを推進したり振り込め詐欺や悪質な訪問販売を防ぐ方法などもレクチャーしてくれる場を設けているので、高齢者が安心して生活できる環境づくりに注力していると評価できます。

    高齢になると医療機関にお世話になる機会が増えますが、医師会や歯科医師会による相談サービスや保健センターでの健康相談も実施しているので、健康に不安がある場合は活用するべきです。

    なお、病院や診療所・歯科診療所に対する苦情は「東京都医療安全支援センター」が受け付けているので、不安や苦情がある場合は気軽に問い合わせてみてください。

    中央区独自の介護サービスについて

    中央区では、平均寿命だけでなく健康寿命を延ばすことも念頭に置いて施策を進めています。

    健康を維持するためには病気の早期発見・早期治療が重要であることを鑑みて、各種健康診査の内容の拡充や受診率向上を目指した各種広報活動を展開しています。

    筋力アップや体操を行う場と時間を提供する健康づくり活動も頻繁に行われているので、ぜひ気軽に参加してみてください。

    これらの活動に参加することで、筋力アップだけでなくコミュニティに参加して認知症を予防する効果も期待できるでしょう。

    また、「元気応援サポーター」などの区民ボランティアの育成にも力を入れており、地域住民同士が自主的に健康づくり活動を行う環境整備も進んでいます。

    各自治体が高齢者の健康づくりのための施策を展開していますが、中央区でも上記のように様々なサービスを行っているので、積極的に参加しましょう。

    健康寿命を延ばすことは豊かな老後を送ることに他ならないので、受けられるサービスを活用しながら豊かな環境で最後まで自分らしく暮らせるようにしてください。

    中央区の地域包括ケアシステム

    地域包括ケアの概要

    地域包括ケアシステムとは国が推進している高齢者を支える仕組みであり、必要なサービスを地域で一体的に提供するシステムを指します。

    団塊世代が75歳以上となる2025年を目途に構築を目指しており、要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを最期まで続けられるように支援することが目的です。

    住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムは、市町村や都道府県が地域の自主性に基づいて地域の特性に応じて作り上げていくこととなっています。

    中央区では、多角的な高齢者のケアを行うことで高齢者の健やかな生活を守る取組が行われています。

    具体的には、

    • 包括的相談支援体制の構築
    • 健康づくりの推進
    • 在宅療養支援の推進
    • 生活支援サービスの充実
    • 多様な住まい方の支援

    上記のような包括ケアの仕組み作りが推進されています。

    高齢者社会を迎える中で、地域包括ケアシステムの重要性はますます高まっていくため、住民目線でも様々な情報を集めてみてください。

    掲載画像はWikipediaから引用している場合があります。

    全国の老人ホーム・介護施設を探す

    上に戻る 上に戻る