鴻巣市老人ホーム・介護施設・高齢者住宅探す

1件の老人ホーム・介護施設・高齢者住宅が見つかりました

地域

施設種別

併設
サービス

特徴

病気対応

月額費用

老人ホーム・介護施設・高齢者住宅鴻巣市から探す

1件中 1〜1件目

ココファン鴻巣こうのす

サービス付き高齢者向け住宅

アクセス

電車:JR高崎線「鴻巣駅」徒歩10分

ココファン鴻巣は お部屋は全67室、自立の方も介護の方も自分らしい暮らし方のできる住まいです。 2人部屋もご用意しておりますので、ご夫婦でのご入居も可能です。 2022年3月1日から特定施設としてリニューアルオープンいたしました。 24時間365日ケアスタッフが常駐、看護師もおりますので体調面のサポートも万全です。 お食事の提供はもちろん、自立の方から要介護・認知症の方もご入居頂けます。 不安な事、お困りごとなんでもご相談ください。 まずは、お気軽にご見学にお越しください。

>> もっとみる

介護型居室の空室状況

1人用

残り1

2人用

満室

月額費用 89,171円〜151,257円
入居時費用
  • 敷金:賃料2ヶ月分
  • 住所 埼玉県鴻巣市本町5-6-18
    併設する
    介護サービス
    特定施設入居者生活介護
    特徴 介護・認知症タイプ、自立・支援タイプ、2人で住める、徒歩圏内

    鴻巣市のおすすめの老人ホーム・介護施設・高齢者住宅

    鴻巣市の老人ホームの種類ごとの施設数と空室数

    施設の種類
    施設数
    空室
    サービス付き
    高齢者向け住宅

    1

    1

    グループホーム
    -
    -
    介護付き
    有料老人ホーム
    -
    -
    住宅型
    有料老人ホーム
    -
    -

    よくある質問

    A

    鴻巣市で最も月額費用が安い介護施設は「ココファン鴻巣」です。

    月額費用は89,171円です。

    有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅、グループホームなどの民間施設は、施設ごとに費用プランが様々です。予算や利用したいサービスなどに合わせて、最適な施設を選択することが重要です。

    月額費用が安い鴻巣市の介護施設を探す

    A

    鴻巣市で認知症対応ができる施設は1件です。

    民間施設の中でも、グループホームは認知症患者の方を主な対象としています。

    介護・医療のサービスが充実している介護付き有料老人ホームでも、認知症対応ができる施設が多いです。

    また近年では、軽度の認知症であればサ高住や住宅型有料老人ホームにも受け入れ可能な施設が多く、学研ココファンでもこうした施設を多数取り扱っています。

    A

    鴻巣市で自立・要支援向けの施設は1件です。

    民間施設の中でも、要支援・自立の方に特におすすめなのはサービス付き高齢者向け住宅、住宅型有料老人ホームの2種類です。

    いずれも幅広い介護度の方に対応可能な施設です。

    鴻巣市の自立から介護までの複合型施設を探す

    A

    鴻巣市でデイサービス併設の施設は0件です。

    最新の住宅型有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅では、訪問介護やデイサービスなどを併設している場合が多いです。

    これらのサービスを利用すれば、常に介護スタッフがそばで見守ってくれるため、より安心な暮らしを送ることができます。

    またこのような施設では、施設に併設された事業所だけでなく、外部の居宅サービスを利用することも可能ですので、利用するサービスの自由度が高い点も魅力です。

    鴻巣市の特集から探す

    認知症対応が可能な施設特集

    認知症対応が可能な施設一覧はこちら。認知症の方の介護は、ご自宅ではなかなか難しいもの。快適に暮らせる住環境を備えた、認知症の方向けの老人ホームをご紹介します。

    胃ろう対応ができる施設特集

    胃ろうの対応が可能な施設一覧はこちら。認知症同様、胃ろうのケアも自宅では難しい場合が多いでしょう。胃ろう対応可能な介護・看護体制を整えた施設を集めました。

    自立・要支援の方におすすめな施設特集

    自立・要支援の方向けの施設一覧はこちら。元気な方が活気のあるシニアライフを送れるような、レクリエーションなどが充実した施設をご紹介します。

    夫婦で入居可能な施設特集

    夫婦で入居が可能な施設の一覧はこちら。二人用の居室は需要が高く、すぐに満室になってしまうため、夫婦での入居を希望する場合は早めの情報収集が必要です。

    鴻巣市の周辺地域一覧

    鴻巣市の老人ホームの特徴と動向

    鴻巣市の魅力

    鴻巣市の老人ホームの特徴と動向は以下の通りです。

    鴻巣市の地理的特徴と介護施設の特徴

    鴻巣市は、埼玉県北部にある市です。位置的には少し遠めですが、東京のベッドタウンにも数えられます

    人口は令和3年12月1日の時点で、117,680人です。

    鴻巣市の特徴は、水源に恵まれていることで、植栽や園芸でよく知られています。農地もたくさんあります。

    介護施設に関してですが、料金はどの施設も総じて比較的低額です。施設の種類は、やはり特別養護老人ホームや老人保健施設は人気ですが、近年はグループホームが積極的に建設されています。

    またサービス付き高齢者むけ住宅や介護付き有料老人ホームも、同様に施設数を増やしています。

    交通事情に関しては、市内に高速道路は通っていませんが、国道および県道・地方道の利便性はそれなりに高いです。交通機関は、JR高崎線とバス(東武バスウエスト・朝日バス・川越観光)が利用できます。

    鴻巣市の介護施設価格概観

    鴻巣市におけるココファンの介護施設の入居金および月額費用はそれぞれ以下の通りです。平均値・中央値を紹介します。

    <入居金>

    地域 平均値 中央値
    鴻巣市 129,000円 129,000円
    全国平均 297,256円 194,500円

    <月額費用>

    地域 平均値 中央値
    鴻巣市 131,214円 131,214円
    全国平均 169,518円 158,250円

    上記の通り、鴻巣市のココファンの料金は、入居金・月額費用ともに、全国と比べて安いです。そのため、費用を抑えて介護施設を利用したい方にもおすすめできます。

    また安いだけでなく、提供されるサービスは十分に質の高いものなので、どうぞ安心してご利用ください。

    鴻巣市の高齢者人口

    鴻巣市の高齢者人口推移

    出典:鴻巣市

    2021年12月時点の鴻巣市の高齢者人口は、35,607人と発表されています。

    上記の通り、高齢者人口は年々増加しており、今後しばらくはさらに増えるでしょう。

    また鴻巣市の高齢化率は30%以上です。すでにかなり高い水準ですが、こちらも上昇を続けています。生産人口の減少に伴い、上昇傾向は今後も続いていくでしょう。

    鴻巣市の介護施設の状況

    <鴻巣市の種類別施設数>

    種類 施設数 75歳以上千人あたりの施設数(鴻巣市) 75歳以上千人あたりの施設数(全国)
    訪問型介護施設数 28 2.17 3.25
    通所型介護施設数 30 2.33 3.43
    入所型介護施設数 27 2.09 2.17
    特定施設数 3 0.23 0.32
    居宅介護支援事業所数 27 2.09 2.41
    福祉用具事業所数 8 0.62 0.80
    介護施設数(合計) 123 9.54 12.40

    出典:日本医師会 鴻巣市

    上記は令和2年9月時点のデータです。

    このデータを見ると、全国平均と比べて、鴻巣市の介護施設の数は、全体的に少ないと言えます。

    特に全国平均と比べて少ないのは、訪問型介護施設と通所型介護施設です。これらは「75歳以上千人あたりの施設数」でそれぞれ1以上の差があります。

    一方で入所型介護施設数に関しては、全国との差はたったの「0.08」であり、ほぼ全国平均レベルだと言えるでしょう。

    鴻巣市の要介護認定者数

    鴻巣市の要介護認定者数推移

    出典:鴻巣市

    令和2年時点で、鴻巣市の要介護認定者数は4,231人、認定率は12.1%です

    近年、認定者数は増加しておらず、認定率にも大きな変化はありませんが、2025年には認定者数が増加すると予想されています。

    なお、鴻巣市の認定率は、全国平均と比べると同程度か、もしくはやや低めの水準であると言えるでしょう。

    鴻巣市の展開する介護サービスは?

    鴻巣市には、「鴻巣市シルバーセンター」という機関があります。この機関は、企業などを定年退職した60歳以上で、勤労意欲のある方に、能力に応じた仕事を提供しています。

    また「働くシニア応援サイト」は、シニア世代の活躍に取り組む企業を応援するための取り組みです。実際に活躍するシニアの方や企業からのメッセージなどを、インターネットで発信しています。

    さらに「老人クラブ」は、60歳以上の方に対してレクリエーションなどを行う取り組みです。令和3年7月1日時点で、この「老人クラブ」には1,765人の会員がいます。

    このように、鴻巣市では高齢者世代のために様々な制度が作られています。高齢者の方も元気に活躍できる状況が出来つつあると言えるでしょう。

    鴻巣市の地域包括ケアシステム

    地域包括ケアシステムとは

    鴻巣市は、住まい・医療・介護・予防・生活支援という5要素のうち、特に介護予防事業と生活支援サービスに力を入れています。

    介護予防事業の代表例は、埼玉県全域で行われている「のすっこ体操(いきいき百歳体操)」の奨励です。のすっこ体操は、理学療法士が考案した安全かつ効果的な運動で、筋力やバランス、柔軟性を鍛えます。

    鴻巣市内の集会所などでは、65歳以上を対象に週1回以上の頻度でこの体操が行われています。

    またそのほかにも、以下のように、鴻巣市の介護予防事業は実に多種多様です。

    • お茶を飲みながら楽しくおしゃべりができる「わがまちサロン」、「自主的サロン」
    • 楽しく体を動かすきっかけを作れる「すこやかシニア体操」
    • 筋力向上や腰痛・膝痛・転倒予防に取り組める「はつらつ健康スタジオ」
    • 話し相手がほしい人におすすめな「おはなし聴き隊」
    • 介護保険や介護予防を学べる「出前講座」

    生活支援コーディネーターを配置

    鴻巣市は、鴻巣市社会福祉協議会に委託し、介護予防・生活支援サービスの提供体制を整備しています。

    その鴻巣市社会評議会には、生活支援コーディネーターが配置されています。

    生活支援コーディネーターの役割は、生活支援サービスやその担い手を開発したり、関係者によるネットワークを構築したりすることです。

    また地域のニーズを調査・把握し、それと地域資源とのマッチングを考えることも役割の一つに挙げられます。

    家族介護者などの支援も充実

    鴻巣市では、家族介護者などの支援にも力を入れています。

    その支援の一環が、「ひとり歩き高齢者みまもりグッズ(キーホルダーとシール)」です。これは登録申請に基づいて鴻巣市から配布されており、認知症の方などがひとり歩きで所在不明となったときに役立ちます。

    登録名簿は鴻巣市や関係機関が所有しており、もしもの場合の早期発見に活用されます。

    また「介護者教室」や「介護者交流会」も実施されており、介護について学んだり、介護に関する疑問や悩みを相談したりすることも可能です。

    認知症支援のためのオレンジカフェなど

    鴻巣市では、認知症総合支援も盛んに行われています。

    例えば、認知症に関する相談をしたい場合は、「こうのすオレンジダイヤル」や「オレンジカフェこうのす」などが便利です。認知症の症状や対応などについて、専門家などの話を聞くことができます。

    また鴻巣市は「若年性認知症」に関する取り組みにも注力しています。「若年性認知症に関するなんでも電話相談」や「若年性認知症本人のつどい」などのサービスで、症状についてはもちろん、制度や支援に関することまで、医療・福祉の専門職に相談することが可能です。

    地域包括ケアシステムとは

    地域包括ケアシステムとは、高齢者を支援するためのサービスを、地域で一体的に提供するための仕組みです。高齢者の方が「要介護」の状態になっても、住みなれた地域で自分らしく暮らしていけるように、住まい・医療・介護・予防・生活支援のサービスが一元的に提供されます。

    国や地方自治体は、団塊の世代が75歳以上になる2025年をめどに、この地域包括ケアシステムの構築を目指しています。

    なお、地域包括ケアシステムは、各市町村や都道府県が、それぞれの実情を踏まえて自主的・主体的に作り上げていくものです。そのため、その特性や内容はそれぞれの地域によって異なります。

    鴻巣市では、市と地域包括支援センターがそれぞれ主催して自立支援型の「地域ケア会議」が開かれ、関係者の間で情報共有や意見交換が行われています。

    その地域ケア会議の目的は、以下のように多様です。

    • 医療・介護などの専門職のアドバイスをケアプランに反映させる
    • 介護支援の関係者の資質向上
    • ケアマネジメント支援
    • 地域課題の確認 - 高齢者の方々の介護や生活支援、心身の状態の改善、重度化防止

    掲載画像はWikipediaから引用している場合があります。

    老人ホーム・介護施設・高齢者住宅を探す

    介護施設の種類
    介護施設の比較
    介護施設の費用

    上に戻る 上に戻る