学研の高齢者住宅

川口市老人ホーム・介護施設探す

2件の老人ホーム・介護施設が見つかりました

地域

施設種別

併設
サービス

特徴

病気対応

月額費用

老人ホーム・介護施設川口市から探す

2件中 1〜2件目

ココファン川口榛松かわぐちはえまつ

サービス付き高齢者向け住宅

アクセス

電車:日暮里・舎人ライナー線見沼代親水公園駅から徒歩8分

【介護型】都心より好アクセスの介護型サ高住!舎人ライナー「見沼代親水公園駅」 徒歩8分

>> もっとみる

介護型居室の空室状況

1人用

残り5

2人用

満室

月額費用 125,671円~164,257円
入居時費用
  • 敷金:賃料2ヶ月分
  • 住所 埼玉県川口市榛松1丁目3番32号
    併設する
    介護サービス
    居宅介護支援(ケアマネジャー)、訪問介護、クリニック
    特徴 介護・認知症タイプ、自立・支援タイプ、2人で住める

    ココファン西川口にしかわぐち

    サービス付き高齢者向け住宅

    アクセス

    京浜東北線西川口駅から徒歩5分

    京浜東北線西川口駅から徒歩5分、お買い物にも便利な好立地のサービス付き高齢者向け住宅です! 全52室(2タイプ)、館内に訪問介護事業所を併設しておりますので、24時間介護スタッフがご入居者様の生活をサポート致します。 ご内覧は完全予約制で随時承っております。是非お問合せください! 1.当事業所の運営概要: (1) 全室52室。お部屋は、1人部屋2タイプと2人部屋の2タイプ(A、Bタイプ)。 Aタイプ(48室):洗面台・トイレ・収納等の基本設備を備えたベーシックな1人部屋。 Bタイプ(4室):Aタイプの機能に加え、キッチン付きの2人部屋。ご夫婦でお住いいただけます。 介護を必要としない自立の方から、要介護・認知症の方もご入居可能です。 (2) お食事は、1階の食堂にてお召し上がりいただきます。 朝・昼・夕食と3食はもちろん、朝・夜だけのご利用、旅行時は食事キャンセルやご家族様がご来所の際には追加など、貴方様のライフスタイルに合わせて気軽にご利用いただけます。 (食事代は召し上がった分だけの請求です。現在は新型コロナ感染予防のため、ご家族様との会食は一時休止しています。) (3) 介護体制:訪問介護事業所を併設。 介護が必要な場合には、生活のお手伝いをさせて頂きやすい環境です。また、介護スタッフは24時間365日常駐、心身のご状態に合わせて柔軟な介護サービスがご提供できます。 2.事業所周辺: (1) お買い物:イトーヨーカドー(徒歩3分)、マツモトキヨシ(徒歩1分)、ドン・キホーテ(駅前)、コンビニ(ファミリーマート、セブンイレブン等徒歩圏内)、ご生活に大変便利な立地です。 (2) 環境:大通りから奥まった住宅街の中です。仁志町児童公園まで徒歩1分。桜の名所、戸田公園(車で9分)もおススメです。 (3) 行政サービス:川口仁志郵便局(徒歩4分)、西川口税務署(徒歩12分)、横曾根図書館(徒歩11分)。 (4) 病院:済生会川口総合病院まで徒歩6分。通院困難な方は訪問診療可能な医療機関をご紹介できます。 (5) グルメ:駅周辺には飲食店多数。人気のパン屋さん(デイジイ西川口店)も徒歩2分.。 学研ココファン西川口は、安心安全、楽しく便利な賃貸マンションタイプでありながら、必要に応じて十分な介護サポートが受けられる住宅です。 貴方らしい、自由なライフデザインを可能にする環境が整備されています。是非お問い合わせください!

    >> もっとみる

    介護型居室の空室状況

    1人用

    残り4

    2人用

    残り3

    月額費用 126,171円~166,257円
    入居時費用
  • 敷金:賃料2ヶ月分
  • 住所 埼玉県川口市西川口2丁目7-21
    併設する
    介護サービス
    訪問介護
    特徴 介護・認知症タイプ、自立・支援タイプ、2人で住める

    川口市の周辺地域一覧

    川口市の老人ホームの特徴と動向

    最初に、川口市の老人ホームの特徴と動向を紹介します。

    川口市の地理的特徴と介護施設の特徴

    川口市の魅力

    川口市は、埼玉県の東南部に位置する人口60万6,353人(令和3年11月1日時点)を数える、埼玉県有数の都市です。

    荒川を隔てて東京に隣接しており、江戸時代には「川口宿」として賑わいました。その後川口市は、鋳物工業で有名な工業都市として発展し、さらに近年は東京のベッドタウンとして注目されています。

    また、古くから交通の要衝にあり、鉄道はJR東日本の京浜東北線・武蔵野線や埼玉高速鉄道などが通っています。

    道路も、東京外環自動車道・東北自動車道、それに首都高川口線が通る、交通アクセスが抜群の立地です。

    ただ、地理的条件が良いため、地価も高く、老人ホームなどの介護施設料金は高くなりがちです。

    施設の料金相場を関東近県と比べると、北関東の栃木県・群馬県・茨城県よりは高めで、東京都や神奈川県と同程度とかなりの高水準になっています。

    とは言え、費用的に折り合えば、川口市は高齢者の方にとって暮らしやすい住み心地の良い街です。

    そのため、近隣都県から川口市に転居してきて介護施設に入居する方も多いです。

    川口市の自治体も介護支援や介護予防支援に力を入れており、以下のようなサービスを提供しています。

    • 「川口市介護予防ギフトボックス事業」
    • 「健康体操教室」
    • 「筋力トレーニング、転倒骨折予防教室」
    • 「ウォーキング教室」
    • 「認知症予防のための教室」

    ただ、特別養護老人ホームなどの公的な介護施設は十分足りているとは言えません。有料老人ホームを含め、さらなる増設が望まれています。

    川口市の介護施設価格概観

    ここで、川口市の介護施設価格を概観しておきましょう。

    川口市内にあるココファン介護施設の入居金・月額費用の平均値と中央値は、以下の表の通りです。

    <入居金>

    地域 平均値 中央値
    川口市 144,333円 144,333円
    全国平均 297,256円 194,500円

    <月額費用>

    地域 平均値 中央値
    川口市 145,589円 145,589円
    全国平均 169,518円 158,250円

    上の表の通り、川口市の介護施設の入居金・月額費用は、ココファン施設の全国平均と比べると、いずれもかなり安くなっています

    川口市の高齢者人口

    川口市の高齢者人口推移

    川口市の65歳以上の高齢者人口は、13万9,418人で、市の全人口の23.0%を占めています(2021年11月1日時点)。

    ちなみに、全国の高齢化率は、28.8%(令和3年度時点)です。

    全国の状況に比べれば、川口市の高齢化率は低い方と言えます。

    もっとも、川口市でも高齢化が進んでいることは事実です。

    市の推計によれば、上のグラフのとおり2025年には高齢者人口は13万9,767人になり、高齢化率は23.5%に達するとされています。

    近年の動きを見ると、高齢化が一段と進んでおり、高齢化率がより高くなる可能性も大きいです。

    出典:「かわぐちの人口第4表年齢別人口」(令和3年11月1日時点)川口市

    川口市の介護保険事業者・施設の状況

    川口市の介護保険事業者・施設の状況は、次の表の通りです。

    種類 事業所数
    居宅介護支援事業者 154
    訪問介護 130
    訪問入浴介護 7
    訪問看護 42
    デイサービス 84
    通所リハビリテーション 11
    ショートステイ 45
    有料老人ホーム等 50
    福祉用具貸与 29
    特定福祉用具販売 28
    特別養護老人ホーム 30
    介護老人保健施設 7
    介護療養型医療施設 11
    介護医療院 2
    グループホーム 31

    出典:「介護予防・日常生活支援総合事業を行っている事業者の一覧/川口市ホームページ」

    上の表の事業所数は、令和3年11月1日時点の情報です。

    表に記載した事業所のほかに、定期巡回・随時対応型訪問介護看護や夜間対応型訪問介護などの支援や介護予防を行っている事業者もあります。

    上記の川口市ホームページの「介護予防・日常生活支援総合事業を行っている事業者一覧」で確認できます。

    川口市の要介護・要支援認定者数

    川口市の要介護・要支援認定者数は、令和2年5月末時点で2万3,033人です。

    うち、男性は8,232人、女性は1万4,801人と、女性が圧倒的に多くなっています。

    要介護・要支援度の区分別に見ると、男性も女性も要介護1の認定を受けている方が20%以上と最も多いです。

    川口市の要介護・要支援認定者数は、2016年に2万人を超えて以来増え続けており、今後も増加するものと見込まれています。

    出典「川口市 介護保険 要介護・要支援認定者 実数」

    要介護認定者の介護サービスの利用状を見ると、要介護1~3の方は「通所介護(デイサービス)」が最も多いです。

    一方で、要介護4・5と介護度が高くなるにつれて、「福祉用具貸与」が多くなり、「訪問介護」や「訪問入浴介護」「訪問リハビリテーション」など、訪問支援の利用割合が高くなっています。

    川口市では、このような状況に応じて、ショートステイや24時間体制での訪問介護看護の充実を目指しています。

    川口市の高齢者相談窓口と社会福祉協議会は?

    川口市では、高齢者の方の様々な悩みに応えるために各種の相談窓口を設けています。

    まず、川口市社会福祉協議会があります。高齢・障害・児童などの分野の事業を行う、地域福祉を進める民間の福祉団体です。

    川口市社会福祉協議会は、市内に19の地区社会福祉協議会があります。

    高齢者の方のための事業としては、たとえば、次のような事業を行っています。

    • さわやかコール事業

    ボランティアスタッフの方が、一人暮らしをしている65歳以上の高齢者の方に定期的に電話をします。

    高齢者の健康状態や安否を電話で確認するだけでなく、孤独になりがちな高齢者の話し相手になり、悩みなどの相談にも対応しているのです。

    年賀状を送るなど高齢者の方の孤独感を少なくするための取組みも行われています。対象者は、川口市から老人福祉電話を貸与されている人です。

    • 川口市青木地域包括支援センター

    青木地区に住んでいる65誌以上の高齢者の方を対象に、介護・医療・福祉などの総合的な相談支援を行っています。

    • 福祉サービス利用援助事業

    社会福祉協議会では、福祉サービス手続きなども代行しています。

    成年後見制度により、家族や親族が代行できない手続きも、代行できるのがメリットです。

    各種申請や支払い手続きなどが困難になった時は、悩まずに相談してみましょう。

    他にも、川口市の高齢者在宅サービスセンターには、認知症高齢者相談所があります。

    認知症を患う高齢者の方を介護する家族の悩みや相談に対応しています。医師による専門的な相談も可能です。

    地域にお住いの高齢者の方に関する相談も可能ですので、「ちょっと様子がおかしい」といった連絡・通報もできます。

    川口市の地域包括ケアシステム

    地域包括ケアシステムの解説

    川口市の地域包括ケアシステムを紹介します。

    川口市では、2021年7月時点、地域包括支援センターを20箇所設置し、地域で暮らす高齢者の方に対して無料で総合的な支援を行っています。

    地域包括ケアシステムとは、高齢者の支援を目的として、介護や福祉・保健・医療などのサービスを地域で包括的に提供する仕組みです。

    具体的には、「住まい・介護・医療・生活支援・介護予防」が一体となったシステムです。

    この地域包括ケアシステムは、厚生労働省の推奨のもと行われています。

    戦後のベビーブーム時代に生まれた団塊世代が75歳以上となる2025年を目途に、全国的な構築が目指されています。

    地域包括ケアシステムができ上って入れば、本格的な介護が必要となった高齢者も、住み慣れた地域で自分らしい生活を継続できるのがメリットです。

    特に、これから認知症高齢者の増加も見込まれますが、認知症高齢者の生活をそれぞれの地域で支えていく上で地域包括ケアシステムの早急な構築が望まれています。

    ただ、人口が密集している都市部と過疎化が進んでいる地方では、高齢化の状況は異なります。ですので、地域の状況に応じた対応を進めていくことが必要です。

    高齢化が進む中で特に重要なのは、「介護予防」です。川口市では、以下のような介護予防事業を行っています。

    • 健康アップ教室(体操等)
    • 口腔教室
    • 生き生きデイサービス(体操・講話・レクリエーション等)
    • 介護予防ギフトボックス(市内の介護予防教室等を紹介)
    • 老人大学
    • 元気づくり推進リーダー養成講座・介護支援ボランティア

    他にも、市内20箇所の地域包括支援センターでネットワーク会議や個別支援の地域ケア会議を随時開催しています。

    川口市の緊急通報装置の貸与制度

    川口市には、緊急通報装置の貸与制度があります。「疾患要件あり」と「疾患要件なし」の2つのタイプがあります。

    疾患要件あり」の対象者は、慢性疾患・発作性疾患などで容態が急変するおそれのある、おおむね65歳以上の単身高齢者・高齢者世帯の方です。対象となる傷病は、狭心症・心筋梗塞・脳梗塞・脳出血などです。

    何らかの緊急事態があった時に緊急通報装置のボタンを押せば受信センターにつながります。必要があればすぐに救急車を要請してもらえます。機器の貸与は、無料です。

    疾患要件なし」の対象者は、おおむね65歳以上の単身か高齢者世帯の方です。緊急を要する非常事態があった時は、受信センターに通報し、必要なら救急車を要請できます。

    固定型と携帯型があり、事業者一覧(固定型・携帯型)の中から1社を選び契約を結びます。こちらは有料です。

    掲載画像はWikipediaから引用している場合があります。

    全国の老人ホーム・介護施設を探す

    上に戻る 上に戻る