学研の高齢者住宅

市川市老人ホーム・介護施設探す

2件の老人ホーム・介護施設が見つかりました

地域

施設種別

併設
サービス

特徴

病気対応

月額費用

老人ホーム・介護施設市川市から探す

2件中 1〜2件目

ココファン本八幡もとやわた

サービス付き高齢者向け住宅

アクセス

都営地下鉄新宿線・JR総武本線「本八幡」駅から徒歩14分

千葉県市川市の本八幡に5月オープン!自立型居室と介護型居室の全66戸の大型複合タイプのサービス付き高齢者向け住宅です。1階にはデイサービスも併設。多くの方に好評をいただいている学研のデイサービスもご利用が便利です。居室は介護の方向けの1ルームタイプから、お部屋にお風呂やミニキッチンを備えた自立の方向け居室まで5タイプあるので、心身状況や生活スタイルなどに合わせて幅広いラインナップからお選びいただけます。二人部屋も多数ありますので、ご夫婦でのご入居も可能です。24時間365日ケアスタッフが常駐。介護を必要としない自立の方から要介護・認知症の方もご入居可能です。まずはご相談ください。

>> もっとみる

自立型居室の空室状況 介護型居室の空室状況

1人用

満室

2人用

残り1

1人用

残り1

2人用

満室

月額費用 131,200円~224,300円
入居時費用
  • 敷金:賃料2ヶ月分
  • 住所 千葉県市川市大和田1-13-8
    併設する
    介護サービス
    訪問介護、デイサービス(通所介護)
    特徴 介護・認知症タイプ、自立・支援タイプ、自立から介護までの複合型、2人で住める

    ココファン市川中山いちかわなかやま

    サービス付き高齢者向け住宅

    アクセス

    総武線「下総中山」駅からバス8分。武蔵野線「船橋法典駅」からバス14分。「若宮入口」バス停下車後徒歩1分

    24時間365日ケアスタッフが常駐する安心の介護体制の他にも、訪問看護事業所を併設。病気療養中の方や健康面に不安のある方もしっかりとサポートします。19㎡の居室(Aタイプ)の他にも、同タイプを2部屋つないだ2人用のコネクティングタイプ(Bタイプ)をご用意しています。片方の居室をリビングスペース、もう片方を寝室にしたり、一人一部屋ずつ利用するなどの居室アレンジも可能です。

    >> もっとみる

    介護型居室の空室状況

    1人用

    残り1

    2人用

    満室

    月額費用 123,200円~223,100円
    入居時費用
  • 敷金:賃料2ヶ月分
  • 住所 千葉県市川市本北方3-12-10
    併設する
    介護サービス
    訪問介護、訪問看護
    特徴 介護・認知症タイプ、自立・支援タイプ、2人で住める

    市川市の周辺地域一覧

    市川市の老人ホームの特徴と動向

    市川市の魅力

    こちらの記事では、市川市の老人ホームの特徴や動向などを紹介していきます。

    市川市の地理的特徴と介護施設の特徴

    市川市は東京都と隣接しており、千葉では人口最大級の市で東京に通勤する方のベッドタウンとなっています。

    都営新宿線や総武線など、都心方面へ向かい路線も多く交通網は発達している点が特徴です。

    なお、人口は令和3年9月末時点で491,411人となっており、介護施設数は比較的充実している点も大きな特徴となっています。

    老人ホームなどの利用料金は全国平均よりもやや高い傾向にあるので、市川市で老人ホームを探している方は金銭的余裕を持っておくと安心です。

    また、市川市では「新IT講習会」「交通安全杖の給付」「シルバーカー購入費の助成金」など、高齢者向け福祉事業が多く展開されているので、在住高齢者からの評判も高いです。

    コルトンプラザなどの商業施設や広い公園などの生活インフラも充実しているので、高齢者だけでなく幅広い世帯にとって非常に住みやすい環境と言えるでしょう。

    なお、市川市で最も栄えているエリアは総武線の市川駅・本八幡駅周辺で、市役所やハローワークなどの行政機能は本八幡駅近辺に集中しています。

    市川市の介護施設価格概観

    市川市にあるココファンの介護施設の入居金と月額費用の平均値・中央値は、下記の表の通りです。

    <入居金>

    地域 平均値 中央値
    市川市 214,900円 214,900円
    全国平均 297,256円 194,500円

    <月額費用>

    地域 平均値 中央値
    市川市 175,450円 175,450円
    全国平均 169,518円 158,250円

    全国のココファンの施設と比べても、入居金・月額費用共に施設の利用料金は高めとなっていることが分かります。

    そのため、市川市に住んでいる方は全国平均値よりも高めの費用負担を強いられる点は覚悟する必要があるでしょう。

    しかし、費用がかかってしまう一方でサービスも豊富に提供されていることから、安心して暮らせる環境が整備されていると言えます。

    幅広く介護・医療サービスを提供している施設が多いことから、現在市川市に住んでいる方にとっては嬉しい情報と言えるでしょう。

    市川市の高齢者人口

    市川市の高齢者人口推移

    市川市の発表によると、2020年の高齢者人口は49.2万人です。

    上記のグラフを見ると分かるように、市川市の高齢者人口は年々増加しています。

    東京のベッドタウンという地理の特性上仕方のないことと言えますが、2040年の高齢化率は約30%と高くなる見込みです。

    子育て世帯も多い市川市ですが、高齢者人口が年々多くなってしまう点は覚悟しておきましょう。

    現在は高齢者の生活を支援する制度が充実していても、税金や保険料の払い手が減少していくことが予想される以上、満足のいくサービスをいつでも利用できる、とはならない可能性もあります。

    とはいえ、全国で高齢者人口が増えていく以上は「介護サービスの質の低下」は全国共通のトレンドと言えるので、市川市に限った問題ではありません。

    市川市の介護施設の状況

    続いて、市川市の介護施設の状況について見ていきましょう。

    施設数を表で見てみると、下記のようになります。

    <市川市の種類別施設数>

    種類 施設数 75歳以上千人あたりの施設数(市川市) 75歳以上千人あたりの施設数(全国)
    訪問型介護施設数 122 2.54 3.25
    通所型介護施設数 145 3.02 3.43
    入所型介護施設数 49 1.02 2.17
    特定施設数 16 0.33 0.32
    居宅介護支援事業所数 193 2.14 2.41
    福祉用具事業所数 33 0.69 0.80
    介護施設数(合計) 468 9.73 12.40

    ※令和2年9月時点

    出典:日本医師会 千葉県市川市

    施設数は全国平均レベルとなっており、特段不足が発生している状況ではありません。

    今後も施設数は増えていくことが予想できますが、高齢者人口の伸びに対し、充実した施設数であるかどうかは確認する必要があります。

    早い段階から施設に関する情報を集め、必要に応じて素早く動けるように準備しておくと良いでしょう。

    市川市の要介護・要支援認定者数

    市川市の要介護認定者数

    上記のグラフのように、令和2年10月1日時点での市川市の要介護・要支援認定者数は18,772人となっています。

    出典:市川市(令和2年度)

    やはり、今後は高齢化の波を受けて市川市でも要支援認定者・要介護認定者の増えていくことが予想されており、2040年には要介護認定を受けている方が約33,000人に達する見込みです。

    要介護者の増加に伴って現在の介護サービスの質を維持することと、できる限り要支援者・要介護者の数が増えないように公的努力・自助努力を推進する必要があるでしょう。

    なお、市川市では高齢者の生活を支援するための保健福祉サービスとして、下記のようなサービスを行っています。

    • 紙おむつの配付
    • 家族介護慰労金
    • 交通安全杖の給付
    • あんしん電話(緊急通報装置)設置の助成
    • 緊急時支援員の利用
    • 訪問理美容サービス
    • 住宅改修費の助成
    • 食の自立支援(配食サービス)
    • シルバーカー購入費の助成
    • 火災警報器の給付
    • はり・きゅう・マッサージ助成券の交付
    • 健康入浴券の交付
    • 家具転倒防止器具取り付け費の助成
    • 高齢者見守り支援事業
    • 市川市認知症ガイドブックの配布

    非常に幅広い種類の高齢者支援サービスが行われていることが分かります。

    これらは住民税などを財源として行われているサービスなので、利用できる方は積極的に利用しないと損です。

    気軽に利用することができますので、地域の役所等に相談してみると良いでしょう。

    市川市の地域包括ケアシステム

    地域包括ケアとは

    地域包括ケアシステムとは、ひとり暮らしの高齢者や高齢者のみ世帯だけでなく、要介護高齢者の大幅な増加に対応するための仕組みです。

    団塊世代が75歳以上となる2025年を目途に、高齢者が安心して暮らせる体制の構築を目的としており、高齢者を支えるサービスを地域で一体的に提供するシステムを地域包括ケアシステムと呼んでいます。

    要介護状態となってしまっても住み慣れた地域で自分らしい生活を送ることでストレスを軽減できるので、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築は非常に重要と言えるでしょう。

    なお、システムは市町村や都道府県が地域の自主性に基づきながら作ることになっています。

    市川市の基本理念は「個人としての尊厳が保たれ その人らしく自立した生活を送ることができる安心と共生のまち いちかわ」となっています。

    また、現在の第7期計画期間は「市川市の取組に関する周知及び介護予防等の普及啓発」「地域課題の把握・解決の機能強化期間」という位置付けになっています。

    掲載画像はWikipediaから引用している場合があります。

    全国の老人ホーム・介護施設を探す

    上に戻る 上に戻る