藤沢市グループホーム 探す

1件のグループホーム が見つかりました

地域

施設種別

併設
サービス

特徴

病気対応

月額費用

グループホーム 藤沢市から探す

1件中 1〜1件目

アクセス

小田急線・相鉄線「湘南台」駅西口よりバス「藤沢駅北口」行きで「桐原公園前」下車、徒歩約2分

藤沢市の住宅型有料老人ホームに併設するグループホームです。少人数制のアットホームな環境です。

>> もっとみる

介護型居室の空室状況

1人用

満室

月額費用 196,500円〜202,500円
入居時費用
  • 敷金:賃料2ヶ月分
  • 住所 神奈川県藤沢市石川6-25-3
    併設する
    介護サービス
    小規模多機能居宅介護、CCRC
    特徴 介護・認知症タイプ

    藤沢市のおすすめのグループホーム

    藤沢市の老人ホームの種類ごとの施設数と空室数

    施設の種類
    施設数
    空室
    サービス付き
    高齢者向け住宅

    7

    7

    グループホーム

    1

    0

    介護付き
    有料老人ホーム

    4

    2

    住宅型
    有料老人ホーム

    4

    0

    よくある質問

    A

    藤沢市で最も月額費用が安い介護施設は「ココファン湘南片瀬」です。

    月額費用は135,171円です。

    有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅、グループホームなどの民間施設は、施設ごとに費用プランが様々です。予算や利用したいサービスなどに合わせて、最適な施設を選択することが重要です。

    月額費用が安い藤沢市の介護施設を探す

    A

    藤沢市で認知症対応ができる施設は10件です。

    民間施設の中でも、グループホームは認知症患者の方を主な対象としています。

    介護・医療のサービスが充実している介護付き有料老人ホームでも、認知症対応ができる施設が多いです。

    また近年では、軽度の認知症であればサ高住や住宅型有料老人ホームにも受け入れ可能な施設が多く、学研ココファンでもこうした施設を多数取り扱っています。

    A

    藤沢市で自立・要支援向けの施設は8件です。

    民間施設の中でも、要支援・自立の方に特におすすめなのはサービス付き高齢者向け住宅、住宅型有料老人ホームの2種類です。

    いずれも幅広い介護度の方に対応可能な施設です。

    藤沢市の自立から介護までの複合型施設を探す

    A

    藤沢市でデイサービス併設の施設は3件です。

    最新の住宅型有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅では、訪問介護やデイサービスなどを併設している場合が多いです。

    これらのサービスを利用すれば、常に介護スタッフがそばで見守ってくれるため、より安心な暮らしを送ることができます。

    またこのような施設では、施設に併設された事業所だけでなく、外部の居宅サービスを利用することも可能ですので、利用するサービスの自由度が高い点も魅力です。

    藤沢市の特集から探す

    認知症対応が可能な施設特集

    認知症対応が可能な施設一覧はこちら。認知症の方の介護は、ご自宅ではなかなか難しいもの。快適に暮らせる住環境を備えた、認知症の方向けの老人ホームをご紹介します。

    胃ろう対応ができる施設特集

    胃ろうの対応が可能な施設一覧はこちら。認知症同様、胃ろうのケアも自宅では難しい場合が多いでしょう。胃ろう対応可能な介護・看護体制を整えた施設を集めました。

    自立・要支援の方におすすめな施設特集

    自立・要支援の方向けの施設一覧はこちら。元気な方が活気のあるシニアライフを送れるような、レクリエーションなどが充実した施設をご紹介します。

    夫婦で入居可能な施設特集

    夫婦で入居が可能な施設の一覧はこちら。二人用の居室は需要が高く、すぐに満室になってしまうため、夫婦での入居を希望する場合は早めの情報収集が必要です。

    訪問介護併設の施設特集

    訪問介護を併設している施設の一覧はこちら。サ高住などの施設内で訪問介護を併用することで、より充実した身体介護サービスを受けられます。

    藤沢市の周辺地域一覧

    藤沢市の老人ホームの特徴

    藤沢市の魅力

    神奈川県藤沢市における老人ホーム事情や介護制度について解説します。

    藤沢市の地理的特徴と介護施設の特徴

    湘南地区でも有数の人口を誇る藤沢市は、2021年11月1日時点で人口441,051人を超えました。

    神奈川県南部の中央にある藤沢市は、海水浴やマリンスポーツで賑わい、観光地としても栄えている地域です。

    また、江ノ電などの公共交通機関も充実しており、東京のベッドタウンとしても人口を集めています。

    近年、福祉サービスに注力している藤沢市は、高齢者にとって住みやすい地域を目指して街づくり計画を進行中です。

    費用が全国平均に比べるとやや高い印象の藤沢市ですが、この費用は施設によって大きく異なり、各区にそれぞれある地域包括支援センターにて施設の大まかな料金などを訪ねられます。

    また藤沢市では、各サービス事業で係を分けているのが特徴的です。

    在宅介護は住宅介護センター、生きがい作りや交流はいきいきシニアセンター、福祉サービスは高齢者支援課、介護施設関連は介護保険課となっており、さらにきめ細やかなサポートの実現を目標としています。

    藤沢市の介護施設価格概観

    介護サービス利用にあたって、それにかかる費用は重要なポイントです。

    藤沢市のココファン介護施設の入居金・月額費用それぞれの平均値・中央値を以下で表しました。

    <入居金>

    地域 平均値 中央値
    藤沢市 1,071,795円 1,425,000円
    全国 297,256円 194,500円

    <月額費用>

    地域 平均値 中央値
    藤沢市 177,928円 177,785円
    全国 169,518円 158,250円

    藤沢市におけるココファン施設の費用を全国の中央値・平均値と比較すると、入居金・月額費用ともに高めだと言えるでしょう。

    入居金が特に高い水準となっていますが、これは一部の施設の入居金が特に高いことが要因です。

    全ての施設の入居金が非常に高い、と言うわけではない点ので注意しましょう。

    藤沢市の高齢者人口

    藤沢市の高齢者人口推移

    藤沢市の高齢者人口は、令和3年1月1日時点で65歳以上が107,531人となっており、高齢者人口割合は65歳以上が25.5%です

    都心のベットタウン化している藤沢市では、現時点での高齢化率は全国平均を下回っていますが、今後も高齢者人口は増加の一途を辿り高齢化率は上昇すると予測されているため少子高齢化の波は着実に迫っていると言えます。

    藤沢市の予想では、2040年には65歳以上の高齢者人口が32.6%に達するといわれており、高齢社会のための取り組みが今後の街づくりの重要なポイントです。

    出典:藤沢市(令和3年1月1日)

    藤沢市の介護保険事業者・施設の状況

    藤沢市内で介護サービスを行う介護保険事業・施設の状況について以下で解説します。

    なお、この情報は2020年9月時点の情報です。

    <藤沢市の種類別施設数>

    種類 施設数 75歳以上千人あたりの施設数(藤沢市) 75歳以上千人あたりの施設数(全国)
    訪問型介護施設数 157 3.46 3.25
    通所型介護施設数 126 2.77 3.43
    入所型介護施設数 80 1.76 2.17
    特定施設数 27 0.59 0.32
    居宅介護支援事業所数 106 2.33 2.41
    福祉用具事業所数 31 0.68 0.80
    介護施設数(合計) 528 11.63 12.40

    出典:日本医師会 藤沢市

    75歳以上千人あたりの施設数を比較すると、藤沢市は全国よりも少なめとなっています。

    訪問型介護施設数、特定施設数は全国平均よりも多めですが、それ以外の種類の施設については全国よりも少なめです。

    藤沢市の要介護認定者数

    藤沢市の要介護認定者数

    2021年3月末時点で、藤沢市内で要介護認定を受けた人は20,617人です。

    前年3月末では1号・2号合わせて20,026人だったため、比較すると1年間で500人近くの要介護者が増えたことになります。

    藤沢市の推計では、2022年では要介護・要支援者が21,318人に達するとされており、今後も介護を必要とする人は増加していく予想です。

    また藤沢市では、一人暮らしの高齢者や高齢者のみの世帯が増加していることが懸念されていて

    • 家事や買物代行サービスの増設
    • 訪問介護事業所などの増設
    • 介護にかかわる職員の増員

    などを今後の課題としています。

    出典:藤沢市(令和3年3月末)

    藤沢市の高齢者相談窓口は?

    藤沢市では、高齢者の悩みを気軽に相談できる窓口を設置しています。

    • 藤沢市社会福祉協議会・ふじさわあんしんセンター
    • 地域包括支援センター・いきいきサポートセンター
    • 認知症カフェ・えのカフェ
    • かながわ住まいまちづくり協会

    高齢者の権利擁護事業を行っている藤沢市社会福祉協議会・ふじさわあんしんセンターは、認知症高齢者のための預金管理代行・福祉サービス代行から、弁護士などの専門家による法的な相談もできる窓口を設けています。

    相談は無料(サービスを受ける場合には有料)で、訪問・電話での相談も可能です。

    また、藤沢市の地域包括センターでは、高齢者の介護・健康・生活や福祉施設利用に関するさまざまな悩みを相談できます。

    ただし、高齢者虐待に関する悩み相談や匿名通報については高齢者虐待の専門家が在中する藤沢市の高齢者支援課、心身の健康・食生活・生活習慣病予防などについては健康あっぷ相談がいいでしょう。

    予約不要・無料相談可能で気軽にふらっと立ち寄れるのが、認知症カフェ・えのカフェです。

    えのカフェは、認知症で悩む患者や家族が集って情報交換できるコミュニケーションの場として設置されたもので、ケアマネジャーや保健師による相談会も定期開催しています。

    藤沢市独自の介護サービスについて

    介護予防・介護重度化予防を目的として、藤沢市独自で高齢者向けのさまざまなサービスを設けています。

    中でも、筋肉・骨・関節などの機能低下予防と定期的な運動の習慣付けを目的としたロコモ予防チャレンジ講座は、健康で長生きな体作りを前向きに取り組める人気の事業です。

    ロコモ予防チャレンジ講座では、会場に集まって体操に参加することで高齢者と社会との繋がりを育み、引きこもり防止にもつながります。

    このほかにも、藤沢市では以下のような独自サービスを設けており、高齢者が住みやすい街づくりを実施しています。

    • 高齢者向けがん検診・健康診断
    • インフルエンザ予防接種
    • 老人クラブへの支援
    • 生涯学習支援
    • シルバー人材センターの活動支援
    • 高齢者福祉バス
    • 高齢者向け助成券

    また、このような藤沢市の取り組みについては、地域包括センターで詳しく問い合わせることが可能です。

    藤沢市の地域包括ケアシステム

    地域包括ケアの概要

    地域包括ケアシステムとは、市町村・都道府県が地域の自主性に基づいて作り上げられる高齢者を支えるサービスを地域で一体的に提供するシステムのことです。

    地域包括ケアシステムの構築は国をあげて取り組まれており、団塊世代が75歳以上となる2025年を目途に全国的なシステム構築が推進されています。

    要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを最期まで続けることができるよう、地域の特性を活かしたケアシステムが各地で作り上げられ、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供されることを目的とした仕組みです。

    藤沢市では、高齢者の方が快適に暮らせるよう、きめ細やかなサポートが提供できる地域包括システムを構築中で、

    • 地域での健康予防活動
    • 健康づくりの推進
    • 活動場所も含めた居場所づくりの支援
    • ボランティア活動の推進
    • 就労支援

    などを行い、高齢者の方が元気に活躍できるようサポートしています。

    藤沢市で「認知症の症状がある」と認められた方は、2017年の時点で1万183人を記録し、今後も増加し続けていくでしょう。

    それを受けて、同市では藤沢版オレンジプランの作成を目指し、具体的な認知症施策を推進中です。

    今後も増えていく高齢者人数と介護需要に対応するため、藤沢市では介護と医療の連携が重要とし、緊急時の対応から看取りまでさまざまな介護支援がスムーズに行える体制を整えることに尽力しています。

    また、高齢者の方が安全に暮らし続けて行けるよう、高齢者住まいの確保にも目を向け、サービス付き高齢者向け住宅などの、高齢者向けの施設の増設・自宅のバリアフリー化工事による暮らしやすい環境づくりなどを推進中です。

    バリアフリー化計画は個人宅に限らず、公共エリアの段差解消・車イスでも利用できる多目的トイレの設置なども予定しています。

    高齢者の方の悩みのひとつとして「相談相手も含めた話し相手がいない」ということもありますが、域包括支援センターがそれらの悩み相談に対応する身近な相談窓口となって、高齢者の引きこもりや孤立化問題を解決する糸口になるでしょう。

    藤沢市は、道路などの高低差が激しい地域・持ち家のある高齢者が多い地域・交通アクセスが不便な地域など、地域差があることもわかっているため地域差の解消にも尽力しています。

    グループホームとは?

    グループホームとは

    要支援2以上の認知症患者の方が対象

    グループホームは正式名称を「認知症対応型共同生活介護」と言います。

    要支援2以上かつ、医師から認知症の認定を受けた高齢者の方を対象とする施設です。

    「ユニット」と呼ばれる少人数単位での生活が基本であり、5〜9人をユニットとした共同住宅でケアサービスを提供しています。

    馴染みの深い少人数で常に生活を共にすることから、環境の変化が少なく、認知症患者の方でも穏やかな心身状態で生活を営むことができます。

    施設内では、認知症改善に最適なレクリエーションやリハビリテーションなど、認知症に対する非常に手厚いケアを行っている点が特徴です。

    こういったことから、認知症患者の方が民間介護施設を選ぶ際にはぜひ検討しておきたい施設だと言えるでしょう。

    掲載画像はWikipediaから引用している場合があります。

    藤沢市のココファンブログ

    老人ホーム・介護施設・高齢者住宅を探す

    介護施設の種類
    介護施設の比較
    介護施設の費用

    上に戻る 上に戻る