学研の高齢者住宅

Cocofump ココファン

学研の高齢者住宅

サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅とは

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)はご高齢者が安心して暮らせるよう配慮された住環境と安否確認・生活相談といったサービスを提供します。賃貸形式の「住宅」なので、入居一時金が無く家賃も平均相場となっているので、有料老人ホームと比べ比較的経済的な住宅が多いのが特長です。
また、有料老人ホームに比較して住宅としての色合いが強く、25㎡以上の居室(要件を満たす場合は18㎡)で、居室内にトイレ・収納・キッチン・浴室が原則として設置されています(共用の物が適切に利用できる場合、設置されていない場合もある)。バリアフリーの基準も有料老人ホームより厳しく、生活・暮らしに基点が置かれていると言えます。

サービス付きの「サービス」って?

サービス付き高齢者向け住宅で言うサービスとは、安否確認サービスと生活相談サービスの事を指します。サ高住ではこれらサービスの提供が義務付けられています。また、そのために少なくとも日中時間帯に介護や看護・医療等の資格を持つ職員を配置する必要があります。この他、食事サービスや生活支援サービスを提供するのが一般的ですが、これらに提供義務はありません。
そのため、事業者や物件によって夜間は無人になる(緊急時は通報システムを利用)、食事サービスは提供しない等、提供されるサービスが異なるため、住まい選びの際にはよく情報を得る事が大切です。

サービス付きの「サービス」って?

サービス付きの「サービス」って?

サ高住でも介護は受けられる?

サ高住の「サービス」には介護は含まれていません。すべての住宅で介護に対応しているとは限らず、なかには要介護になった場合転居する必要がある自立の方専用もあるので、住まい選びの際は注意が必要です。

ただし、要介護の方も住めるように、介護サービスを併設している住宅も多くあります。この場合、下図のように併設しているサービスによってサービスの受け方や常駐するスタッフの体制も変わってくるので、住宅ごとにそれぞれのサービスをどのように受けられるかはよく確認する事をおすすめします。
また、併設する訪問介護やデイサービスを利用する場合は、住宅の賃貸契約とは別にそれぞれの契約が必要です。

介護対応のサービス付き高齢者向け住宅 
パターン①

介護対応のサービス付き高齢者向け住宅 パターン①

介護対応のサービス付き高齢者向け住宅 パターン①

併設しているケアマネジャー、介護士、看護師らが建物内に常駐し、ご入居者にケアをします。※夜間は不在になるなど、常駐する時間は住宅ごとに異なります。

介護対応のサービス付き高齢者向け住宅 
パターン②

介護対応のサービス付き高齢者向け住宅 パターン②

介護対応のサービス付き高齢者向け住宅 パターン②

併設している介護サービスは常駐するスタッフが行いますが、看護やケアマネジメントは外部の事業所を利用します。この場合、看護師などはその都度住宅に訪問してケアを行います。

併設サービスを利用しなくても大丈夫!
訪問介護やデイサービス等、ホームに併設しているからと言って、必ずそのサービスを利用する必要はありません。
住宅を運営する会社とは別の外部にあるデイサービスや訪問介護などもご利用いただけます。

提供サービス

サ高住では、以下のサービス提供されているのが一般的です。
なお、具体的なサービス内容は事業者や住宅によって異なります。

生活支援・食事サービス

「生活支援サービス」は馴染みの薄い言葉ですが、ホテルやコンシェルジュ付きのマンションで提供されているサービスをイメージすると分かりやすいかもしれません。
一般的にサービス付き高齢者向け住宅では、ご入居者への来客や宅配などの取次ぎ、タクシーや提携病院への送迎手配と言ったフロントサービスの他に、緊急時対応や巡回サービス、健康相談といった物も行っています(実際のサービス内容は事業者によって異なります)。
また、食事サービスはご利用分だけ有料で提供されるのが一般的です。

介護サービス(在宅サービス利用)

介護サービスは住宅とは別に在宅向けの訪問介護やデイサービス等を別途契約してご利用いただけます。介護対応のサ高住では多くの場合、訪問介護事業所等の介護サービスを併設しており、介護有資格者が24時間館内に常駐し併設事業所の介護士がケアプランに沿って入浴や食事を召し上がる際の介助や、居室内の清掃などの身の回りのお手伝いといった訪問介護サービスを提供します。

外部のデイサービスや訪問看護などもご利用いただけますので、お一人ごとに必要なケアを選択して利用することが可能です。例えば、認知症の方と体の一部に麻痺がある方では、受けるべき介護予防のプログラムも異なります。認知症予防を目的としたデイサービス、体の機能回復を目的とした運動を重視するデイサービスなど、目的に応じて様々なサービスを利用できるのが特長です。
また、入浴の回数や時間などはご入居者のご要望に沿ってご利用になれるので、介護付き有料老人ホームや特養ホームなどに比べ自由度が高いのも魅力です。

介護サービスの利用料は、ご利用になった分だけ費用が発生する積み上げ式です。ご家族等がサポートしたりすることで、介護サービスを利用することが少ない方は費用を抑えることも可能です。ただし、介護保険の利用限度額を超えた分は自己負担となってしまうので注意が必要です。ケアマネジャーとよくご相談の上、限度額に収まるようケアプランを作ってもらうのも得策です。

看護サービス(在宅サービス利用)

介護サービスと同様に、在宅向けの訪問看護などを別途契約してご利用いただけます。訪問看護等を併設している住宅はそれほど多くありませんが、たいていの場合住宅の職員やケアマネジャーにご相談されると適切な事業所をご紹介いただけます。もちろん、入居前に懇意にしている事業所をご利用いただくことも可能です(ただし、ホームの場所によって訪問看護提供エリア外といった場合もありますので、利用の可否については看護事業所にお問合せください)。

医療連携(在宅サービス利用)

クリニックや病院と在宅総合診療の別途契約をすることで、定期的な往診や訪問診療を受けることが可能です。もちろん、入居前から利用しているかかりつけ医もご利用いただけます。ただし、クリニックや医療機関によっては往診・訪問診療を行っていない場合もありますので、ご利用についてはご希望の医療機関にお問合せください。

料金・費用について

サービス付き高齢者向け住宅は賃貸形式の住宅であるため、入居金がかからず家賃も平均相場に基づいているので有料老人ホームに比べ経済的な物件が多いのが特長です。また、入居契約が賃貸借契約ですので、有料老人ホームに多い利用権に比較して入居者の権利が強く守られています。

入居金はかかりません!

賃貸形式の住宅なので、権利金の様な入居金がありません。ただし、入居時前払い金として家賃やサービス費の一部を入居時に払うケースもあります。また、一般の賃貸住宅と同様に、敷金や礼金がかかる場合があります。
敷金や礼金は家賃の数カ月分と言うケースが多く、有料老人ホームの入居一時金の様に高額になる事はあまりありません。敷金は退去時の原状回復に利用され、残金は返金されます。

月額費用

一般的にサ高住の費用として「月額費用」と言う場合、家賃と共益費と生活支援サービス費のみを指します。介護保険の費用はご入居者によってその金額が異なるため、パンフレットやホームページなどの料金表では金額が記載されないことが多いです。
この他に、水光熱費などがかかります。水光熱費は戸別メーターによる実費負担する場合や共益費に含まれる場合があります。

介護保険自己負担分

サ高住で介護を受ける場合、在宅と同様に介護保険費用はご利用になった分だけ費用が発生する積み上げ式です。自立の方や介護サービスを利用していない方は、介護保険の自己負担はかかりません。
また、要介護度にかかわらず介護サービスを利用することが少ない方は費用を抑えることも可能です。例えば、要介護度が高くサポートが頻繁に必要でも、ご家族がサポートすることで介護サービスの利用回数を抑え費用負担を下げることも可能です。ただし、介護保険の利用限度額を超えた分は自己負担となってしまうので注意が必要です。

メリット・デメリット

メリット

  • 入居金が無く、月額費用も比較的安価で経済的
  • 介護や看護サービスは、必要なものを選択的に利用できるので自由度が高い
  • 入浴時間や外出サポート回数など、ケアプランのカスタマイズが可能

デメリット

  • サービス内容が住宅によって異なるので注意が必要
  • 介護サービスの利用が多い場合、介護保険の利用限度額を超えると自己負担となる
  • 介護未対応の自立向け住宅と言う場合もあり、入居時に注意が必要

上に戻る 上に戻る